北欧世界遺産 - アイルランド

スケリッグ・マイケル

アイルランド南西部沖に浮かぶ神秘の島スケリッグ・マイケル、この世界遺産は行くのはとても大変なのですが一見の価値が本当にあります。

~海鳥の宝庫、スケリッグ・マイケルの岩壁へ~

アイルランド南西部の観光ドライブで有名なのがケリー周遊路ですが、大半の方はここをぐるっと回るだけで終わってしまいます。
イベラ半島の西端より13キロ沖にある岩の島で、小さなボートで荒々しい海を渡らないといけないので、そう簡単にはいけないのです。

天候や海の状況に左右されるので、ボートが出ないことも多いのですが、日程に余裕のある人にはぜひ挑戦してもらいたいです。
春から夏のシーズンなら比較的確率は高いかもしれません。

アイルランドのスケリッグ行きのボートが出るのは、ケリー周遊路の西端、小さな港の町ポートマギーというところです。
このボートは年季の入った古い船で、12人乗りで屋根もなく、荒れた海を渡るのには危険そうです。

天候の良い日でもボートで島を観覧するツアーもあるようですが、やはり上陸することを絶対におすすめします。
島までの所要時間は1時間ちょっとです。

天候が悪くて波が高くて島へ上陸は出来なくても、島の周りを回ることもできるそうです。
ですが半端ではない荒波の中でのボートトリップは、波をかぶってびしょぬれで船酔いをする暇もないほどで、こんなときは潔く諦めたほうが身のためです。
世界遺産のスケリッグ・マイケルの隣りには、リトル・スケリッグと呼ばれるもう一つの岩島があり、両方合わせてスケリッグ諸島と呼ばれています。
ボートからだんだんとスケリッグ諸島が見えてくると、神秘的な雰囲気です。

世界遺産のスケリッグ・マイケルはリトル・スケリッグに対して、グレート・スケリッグとも呼ばれています。

世界遺産のスケリッグ・マイケルに上陸する前に、リトル・スケリッグの周囲をボートで周ります。
この島はカツオドリの生息地で、まさに鳥の楽園そのもので、本当にたくさんの鳥が生息しています。
岩の表面の白い部分は、トリの糞というから驚きです。

ここから約20分でようやく世界遺産のスケリッグ・マイケルへ上陸します。
この切り立った岩壁は圧倒されるスケールです。
島では3時間の自由行動があるので、自由に散策を楽しみましょう。
ここには、古代ケルト以来の聖地で、完全な形で初期キリスト教の遺跡、修道院が残っているのです。

アイルランドにおける初期キリスト教の僧侶たちは垂直に切り立った崖の下に、石を積み上げてつくった小屋で暮らしていたようです。
こんなところに600年以上も住んでいたとは本当に驚きです。

彼らの生活は海鳥を獲って食べ、雨水を飲みまさに修行そのものに値します。
修道院の中には、ハチの巣のような形をした建物と2つの礼拝堂、13世紀に建てられたとされるミカエル教会から構成されています。

1100年頃には修道士たちが暮らした小屋や修道院は放棄され、島には誰も住まなくなったようです。

海鳥の保護区にもなっている神聖な地に上陸すると、心身ともに清らかになった気分です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国