中央ヨーロッパ世界遺産 - アルバニア

ベラトとギロカストラの歴史地区群

アルバニアには、世界遺産に登録されているベラトとギロカストラの歴史地区群があります。
ベラトとギロカストラの歴史地区群は、アルバニアの中央部と南部に位置しています。 ベラトはオスム川中流に位置しており、アルバニアの豊かな自然が魅力の都市です。 5世紀頃に繁栄した、オスマン帝国時代の街並みがそのまま保存されており、街自体が世界遺産となっています。

当時のトルコ人が住んでいた街としては、ベラトとギロカストラの歴史地区群は保存状態もよく、大変希少な歴史的価値があるとして、もともと先に2005年に世界遺産に登録された「ギロカストラの博物館都市」と一緒に拡大され、2008年にアルバニアの世界遺産に指定されました。

ベラトは、紀元前4世紀頃から13世紀に最も発展したといわれています。
様々な宗教や文化のコミュニティが作られており、それらが共存していた歴史的に見ても数少ないケースの街です。

ベラトの歴史地区群は、オスム川を見下ろす段丘にあります。
紀元前4世紀から13世紀に渡り栄えてきました。 城周辺の城塞地域と、街が立ち並ぶ住宅地域に分かれており、それぞれ特徴があります。

城塞地域には、主に13世紀からのビザンチン様式の教会が数多くあり、それぞれの状態も大変良く、内部では希少な壁画やイコンを見ることができます。
特に、段丘の中腹にあるギリシア正教会・聖ミカエル教会は大変有名なスポットです。 14世紀に建てられたもので、保存状態も他の教会よりも良く、内部の壁画やイコンは必見の価値があります。
さらに、山の頂上には、聖ミカエル教会を守るために作られた城塞が残されており、その地の人々の厚い信仰を感じることができます。
街が立ち並ぶ住宅地域では、1417年から始まったオスマン帝国時代に建てられたモスクもいくつか見ることができます。

さらに、18世紀にスーフィーによって使用されたといわれる、宗教的なコミュニティのための家屋が今もいくつか残っています。 家屋は、一見して美しい家々が整然と並ぶ姿がとても印象的です。

家々は、それぞれ白い漆喰で塗られた壁と真っ赤な屋根をしており、景観と相まって大変美しい様は、その様子から「千の窓の街」と言われています。
季節の移り変わり、日々の時間の変化によって見せる街の姿は現代も尚、人々を惹きつけています。

一方、ジロカストラは、歴史的な地域として有名なエピルス地方、ジェール山の傾斜地にあります。 世界遺産に登録されているのは、ジロカストラの旧市街の部分です。

まるで絵に描いたかのように美しい町で、町全体が白と黒の石畳の千段の町になっており、さながら博物館のようです。
こちらもベラト同様に保存状態がよく、当時のオスマンの町や農民によって築かれた多くの遺産は、大変希少で価値の高いものとして知られています。

ギロカストラの町の中心部には、ギロカストラ城が残されています。
もともとこの城は、2、3世紀に作られましたが、その後、6世紀にイリリア人によって建て直し、拡張され、13世紀に今のような形になりました。 城塞や牢獄として使われたといわれています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国