旧ソ連地域世界遺産 - グルジア

ムツヘタの文化財

グルジアの世界遺産の一つ、「ムツヘタの文化財」は、首都トビリシ近郊、北西に車で30分ほどのムツヘタという古都にあります。
ムツヘタの街そのものが「ムツヘタの文化財」として認められ、世界遺産に認定されています。

今では小さな町のムツヘタですが、紀元前3世紀から紀元後6世紀にかけては、この地を統治したイベリア王国の首都でした。

そして4世紀には、イベリア王ミリアンが、この地をキリスト教化しました。
当時、キリスト教を国教とした国はまだ少なく、グルジアのキリスト教国家としての長い歴史と、ミリアン王の先見の明が忍ばれます。

5世紀には当時の首都であったムツヘタに、グルジア正教会の主教座がおかれるようになりました。 その時以来、グルジアにおけるキリスト教史上重要な教会がムツヘタに建てられるようになったのです。

世界遺産のムツヘタの最大の見どころは、街の中心にあるスヴェティツホヴェリ教会です。 もともとは木造だったと言われていますが、11世紀に今の石造りの建物に再建されました。 高い塀に守られた聖堂は大きく、辺りを払う威厳のある建物です。

ここにはなんと、キリストが処刑されたときの着衣の一部が保存されていると言われています。 また、伝説に基づいて聖なる油が販売されています。

もう一つの重要な教会は、街を見下ろす丘に上にぽつんと建つジュヴァリ聖堂です。 6世紀に建てられただけあり、こじんまりとした佇まいですが、グルジアのキリスト教にとっては重要な聖地です。

この地をキリスト教化した聖ニノは、この丘の上に大きな木の十字架を建てたと言われています。 それを記念したのがこのジュヴァリ聖堂で、聖堂そのものも十字架の形をしており、内部には現在でも大きな十字架が祭られています。 「ジュヴァリ」というのも「十字架」という意味だそうです。

このジュヴァリ聖堂は丘の上にあり、ここからなだらかな山々を望む景色は素晴らしいので必見です。 特に、ムトゥクヴァリ川とアラグヴィ川という二つの川が交差する所が見られ、色の違う川の水が一つになる様子は面白いものです。

中世以降のヨーロッパの教会のような、きらびやかなものは決してありませんが、今でも自然の残る世界遺産の古都ムツヘタの文化財で、古いキリスト教に思いを馳せるのも興味深いのではないでしょうか。

ちなみに、グルジアではグルジア文字が使われています。 ムツヘタの文化財を見にご自分でご旅行される方は、目的地のグルジア語表記をコピーしたりプリントアウトしたり、紙にして持っていると便利です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国