旧ソ連地域世界遺産 - アルメニア

ハフパット修道院とサナイン修道院

ハフパット修道院とサナイン修道院は1996年にユネスコの世界遺産に指定された文化遺産です(2000年に拡張済み)。
名前の通りこの世界遺産は、「ハフパット修道院」という有名な修道院と、「サナイン修道院」という美しい修道院を包括しており、世界中の人々にその歴史的建造物を公開しています。

まず、ハフパット修道院は991年に建造されたとされる修道院です。

アルメニアのロリ地方・ハフパットの村にあるこの世界遺産は、アルメニアの宗教の開放を示す修道院として知られています。

もともとアルメニアという国はキリスト教徒を国教としている国であり、「この国独自のキリスト教を創り上げていこう」という思想があったことから(5~7世紀)各国のキリスト教の建造物とは違う形の修道院や聖堂を建造してきました。

しかし、そういった傾向はアラブ人によって破壊されてしまい、その後宗教的独立を果たせない時期が何十年も続くのですが、970年代になった頃にようやく宗教的独立を果たすことができ、ハフパット修道院という修道院はとうとう、991年に完成されるにいたったのです。

つまりハフパット修道院という世界遺産はアルメニアの宗教観を語る上で欠かせない、かなり重要な世界遺産なので、宗教を勉強している方や、各国の宗教美術を見学している方には非常におすすめのスポットだと言えます。

さらに「ハフパット修道院とサナイン修道院」が包括するもう片方の世界遺産、「サナイン修道院」は、ハフパット修道院と同年の1996年にユネスコの世界遺産に指定されている世界遺産です。

ハフパット修道院とほぼ同じ運命をたどってきた世界遺産であり、ハフパット修道院と同年の2000年にその規模を拡張しています。

ハフパット修道院と同様に、アラブ人からの宗教的開放を狙って造られたこのサナイン修道院は、諸外国の攻撃に耐え続けてようやく今のようなのどかな環境を手に入れた世界遺産です。

この二つの修道院の壁は黒く、一般的な宗教的建造物の真っ白な壁とは一線を画しています。

まさにアルメニア人の自由な発想が創り上げた世界遺産だと言えるので、アルメニアの歴史に興味がある方はぜひ、ハフパット修道院とサナイン修道院を観光してみましょう。

また、この世界遺産の周辺は牧歌的な雰囲気がただよっているので、「のんびりとした気持ちで観光できる世界遺産に行きたい」という方には特におすすめです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国