バルト三国世界遺産 - ボスニア・ヘルツェゴビナ

モスタル旧市街の古橋地区

旧ユーゴスラビアの観光地でクロアチアへ旅行する人にはぜひ立ち寄りたいのがボスニアです。
首都のサラエボも見どころが満載ですが、首都から南へ百キロほどいった南西部の世界遺産に登録されている小さな街、モスタルがおすすめです。 このモスタルへ行くには、クロアチア各都市からバスが出ています。
正式には、2005年にボスニア・ヘルツェゴビナモスタル旧市街の古橋地区として世界遺産に登録されました。

~モスタルの平和の橋を眺めて~

モスタル旧市街の古橋地区という名のスタリ・モストは、モスタルにある16世紀の橋で、市内を分けているネレトヴァ川に架かっています。

町の象徴となっていたモスタル旧市街の古橋地区の橋は長さ30m、幅8mもある立派なもので、ネレトヴァ川の西側に居住するクロアチア人のカトリック系の武装勢力により東側に逃れたムスリムを帰さないようにするため1993年に破壊されました。

その後、ユネスコによって設立された国際的な科学委員会の貢献で、アーチ型の古橋は見事に再建されました。

前オスマン帝国、東オスマン帝国、地中海、そして西欧の建築様式の特徴が融合された古橋地域は、多文化都市であることを物語っています。

再建された古橋とモスタルの旧市街は、民族同士の和解、国際協力と文化、民族や宗教のコミュニティの共存の象徴ともされ、平和を願う市民の願いともいえるでしょう。
橋からの飛び込み競技が毎年開催され、民族間和解のイベントのひとつとなっているようです。

2004年に無事に復興工事が完了し、翌年にボスニア・ヘルツェゴビナ初のユネスコ世界遺産に登録されたことにより、世界中の観光客から注目を浴びることになりました。
モスタルは、15~16世紀にはオスマン帝国の前線の町として発展し、その後は19~20世紀のオーストリア・ハンガリー期に繁栄を遂げました。

橋だけでなく、モスタルでは中央を流れるネレトヴァ川を挟み、ムスリム人とクロアチア人の住む地区が分かれています。
ムスリム人にはイスラム教、クロアチア人はキリスト教のカトリックと信仰する宗教も違っているため、川の東側にはモスク、西には教会と、宗教施設もしっかりと分かれています。

モスタルの街一体には、古いトルコの家屋群もあって、お土産屋さんやカフェが点在し、散策やショッピングも楽しめます。

世界遺産めぐりで歩き疲れた後は、カフェに入って、橋を眺めながら美味しいトルココーヒーをお楽しみください。

また昼食には、ぜひボスニアのソウルフードともいえる美味しい肉団子、チェバブチチを堪能することをおすすめします。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国