旧ユーゴスラヴィア世界遺産 - マケドニア

オフリドの文化遺産と自然遺産

マケドニアには貴重な世界遺産があるのです。 マケドニア共和国は東ヨーロッパに位置しています。 なかなか旅行には訪れないような国ですけど、実は価値ある見るべき自然遺産と文化遺産があるのです。

世界遺産に登録されたのは オフリドの世界遺産と自然遺産の湖なのですが、周辺の教会などとの調和しているということで文化遺産としても登録されました。 オフリドの世界遺産と自然遺産は登録されたオフリド湖と文化遺産としての顔も持つ貴重な複合遺産となのです。 オフリドの地域が世界遺産となっているので是非に訪れたい場所です。

マケドニア共和国はギリシャの北に位置しています。 東にはブルガリアがあり、位置も把握しやすいでしょう。 それほど訪れにくいという場所でもないのです。

オフリドへはマケドニアの最大の都市である首都スコピエから離れた位置にあります。 アルバニアの国境に程近い東岸の町です。 バスを利用しても首都からは4時間は掛かるでしょうか。

オフリドはオフリド湖を目当てに来る観光客も多いのでホテルといったものもあります。 ヨーロッパでも人気の観光地になります。 じっくりと見て回るのに、ここを拠点としてオフリドに宿をとるのもいいでしょう。
世界遺産の街に泊まってみるのもステキな体験となります。 観光開発にも力を入れているようなので安心できるでしょう。 むしろ首都よりものどかで過ごしやすいオフリドの街の方がおすすめです。 綺麗なのは自然だけでなく宿泊施設といった建物も清潔にしてあるようです。

美しい自然はもちろん、街並みや建物といったものも楽しめる街になります。
オフリドで先ず見ておきたいのはオフリド湖でしょうが忘れてはいけないのが教会です。 昔は文化宗教都市として発展した街でもあるので教会もいたるところにあります。

一番数が多かったの13世紀だとなど300もの教会があったされているのです。
今でもその教会がいくつも残っています。 教会巡りをしてみるのにも絶好の場所です。 教会は大切な場所として造られ守られてきたので、外観や内装といったものも豪華で見ごたえも十分あるでしょう。

最古都市として街には多数の史跡をみることができるので、街全てが見所といってもいえます。 そして美しいオフリド湖を背景にした聖ヨヴァン・カネオ教会を一度は見てみたいものです。 まさに自然と文化の調和した景色がそこにはあります。

これこそがオフリドの世界遺産と自然遺産の文化遺産と同時に触れれる場所でしょう。 マケドニアに訪れるのなら先ずはオフリドでの観光が一番いいですね。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国