旧ユーゴスラヴィア世界遺産 - セルビア

ガムジグラードとガレリウスの宮殿ロムリアーナ

セルビア東部のザイェチャル市に郊外にガムジグラードという村があります。
このガムジグラードの近郊に世界遺産の古代ローマ皇帝ガイウス・ウォレリウス・マクシミアヌス・ガレリウスが埋葬されている城塞ロムリアーナ(もしくはフェリクス・ロムリアーナ)遺跡があります。

3世紀から4世紀の間にガレリウス帝自身とその母親ロムラのために建設され、名前も母ロムラにちなんで名づけられました。
このガレリウス帝はローマ皇帝でありながら、反ローマ色をまとった異質な皇帝でした。

ダキア生まれのガレリウス帝は「帝国の名はローマではなくダキア帝国と呼ばれるべきだ」と公言していたようです。
野望を掲げ、ローマ帝国の唯一の支配者になろうと策略を施したものの、失敗におわり、ダキアの地に戻ってきました。
最後は大腸癌と思われる病気で死亡したようです。

宮殿の名前は4世紀から6世紀の間に何度か変化したようです。
4世紀終わりにはガムジグラードとガレリウスの宮殿ロムリアーナは廃棄され、6世紀にはアヴァール人に破壊されてしまいました。
セルビアの世界遺産へは2007年に文化遺産として登録されています。

セルビアの世界遺産ロムリアーナ遺跡はいくつものローマ街道の交差点に当たっていて、かつてローマ属州だったダキアの行政府として機能していた城砦で、近隣で採掘される黄金の管理をしていました。

現在残っているのは当時の西門とおよそ6万㎡を囲む城壁が残っています。
付近からは宝石、武器、貨幣など古代ローマ時代の多くの遺物が発見されています。
セルビアの遺跡の東西の門を結ぶ大通りが都市機能を南北に分けていました。

セルビアの南側には市民のための施設、地下聖堂のある大きな神殿や公衆浴場跡、宮殿付属建築などがあり、北側にはガレリウス帝が建てた宮殿と小さな寺院の跡などがあります。
セルビアの宮殿の材質は大理石や斑岩が使用されており、当時の宮殿としての栄華を思わせます。

「喜びを味わい、いくらか公益のある仕事行う」ためにガレリウス艇が余生を過ごした宮殿です。
ローマの四文統治(テトラルキア)時代の典型的宮殿建築様式として最も保存が良い状態です。
宮殿内部の床や壁は美しいモザイク画や漆喰、幾何学模様を描いたフレスコが施されています。
アドニスを描いたものや狩猟の場面を描いたものもあります。

宮殿そばのマグラの丘には母ロムラの墓と、宮殿と母親の墓を結ぶ直線状に記念碑が建っています。

セルビアの世界遺産ガムジグラードとガレリウスの宮殿ロムリアーナは、観光人気は第2位です。
ぜひセルビアへ観光へ行った際には足を運んでみたいですね。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国