アフリカ世界遺産 - ケニア

ケニア山国立公園/自然林

ケニアは急速な開発が進む中で、まだ未開発の自然が残っています。
環境業はケニアの産業収入トップに入るため、政府も自然を残す活動を活発に進めています。

~素敵なパワースポット~

ケニアには多くの世界遺産もあり、ケニア山国立公園/自然林は、ナイロビより車で約2~3時間で着くため観光客にも人気のスポットです。

ケニアで一番高い山がケニア山。

多くの自然と7つの滝もあり、湧水もそのまま飲めるほど綺麗です。
ケニア山に向かう途中には、トラウトツリーというニジマスの養殖をしているレストランもあり、ケニア山国立公園/自然林に到着するまでも楽しめるスポットがたくさんあります。

世界遺産として有名なケニア山国立公園/自然林ですが、中に入ると竹林があり、ゾウがたくさんいます。
運が良いと、白ゾウも見ることができます。

ここでは日本のNGOがケニア山国立公園/自然林を守る活動の一環として植林事業を実施したりもしています。
この辺りに住む部族はキクユ族。ケニアでも最も人口の多い部族と言われています。
彼らと一緒に世界遺産の自然林を守る植林活動は、老若男女1000人以上が参加し、30000本以上の植林が実施されました。

今後も日本とアフリカの友好のもと、アフリカという大地の自然保護、また自然林の確保事業などの機会がどんどん増えていくといいですね。

ケニアの魅力は、野生動物と文化の他に気候もあります。
年中20~30℃前後で過ごしやす気候です。
ケニア山を上るともちろん寒く、下からケニア山の頂上に積もった雪を見る事ができます。
ナイロビから近いのも魅力です。

農業基盤の土地であるため、トマト、タマネギ、トウモロコシなど新鮮な野菜や果物もたくさん採れます。

現地の一般食はウガリという食べ物です。
ウガリはトウモロコシの粉を蒸かしたもので、無味ですがトマトシチューと一緒に食べる事が多く、シチューの汁を吸ったウガリは格別です。
手で団子をつくり、団子の中を指でへこませスプーンのような形にして、シチューと一緒に食べます。

ケニア山国立公園/自然林は、多くの自然と野生動物がまだ残っています。
ケニアを訪問する機会があったら、マサイマラからもそれほど離れていないのでオススメのスポットです。

世界遺産を訪問する事は、スピリチュアル的にも効果があります。
ケニア国立公園を訪問すると、綺麗な空気と自然、広大な大地を眺めているだけで、精神的のも安定した状態になります。

所謂パワースポットのひとつとして、ケニアのケニア山国立公園/自然林はオススメです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国