中東諸国世界遺産 - レバノン

ビブロス

「ビブロス」はレバノン地中海沿岸にある古代都市です。およそ7000年前に作られ、地中海沿いにあるものとしては世界最古の都市であると言われています。この地に残る遺跡群が1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

ビブロスにはかつてフェニキア人が住んでいました。アルファベットの母型であるフェニキア文字もこの地で生まれたと考えられています。ちなみに、ギリシアではビブロスは“パピルス”という名称で呼ばれていました。それが今度はビブロスが転じて書物を意味するようになり、そこから聖書を意味する「ビルブ(バイブル)」という言葉が生まれたと言われています。地中海沿岸最古の都市と言われるだけあって、さまざまなものの由来となっているのがここ「ビブロス」なのです。

「ビブロス」は交易で栄えた港町でした。ギリシアでパピルスと呼ばれたのも、レバノン杉をエジプトに輸出する一方で、エジプトで作られるパピルスをギリシアに流していたためです。しかし、そんなフェニキア人の都市も12世紀になるとローマ帝国の支配下に入り、十字軍による要塞などが築かれることになります。

「ビブロス」には新石器時代からローマ時代のものまで、歴史の歩みとともに築かれたさまざまな遺跡が存在しています。石器時代のものは土台のみとはいえ、この時代のものとしては比較的良好な保存状態であり、当時ここにフェニキア人の住居があったことがはっきりとわかります。

前述した十字軍の要塞も綺麗な形で残されています。要塞に登ると遺跡全体とその向こうに広がる地中海を一望でき、朽ち果てた古代都市の持つ趣を存分に味わうことができます。要塞以外にも、ローマ風の列柱が残されていたり、小振りな円形劇場が残されていたりと、ところどころに古代ローマ時代の遺跡が見られます。他の時代のものとしては、古代ビブロス王たちの墓があったり、エジプトの支配下にあった時代に建てられたオベリスク神殿なども残っていたりと、盛りだくさんの内容になっています。

また、古代遺跡群のすぐ隣には、これまた十字軍によって12世紀に建てられた教会が残っており、要塞とともに「ビブロス」の人気スポットとなっています。ロマネスク様式の素朴ながら美しい建物で、朽ちた色合いの石造りがひっそりとした情感をたたえています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国