中東諸国世界遺産 - アゼルバイジャン

コブスタンの岩絵の文化的景観

「コブスタンの岩絵の文化的景観」はアゼルバイジャンにある世界遺産です。アゼルバイジャン西部にあるコブスタンという山岳地域には、コブスタン国立保護区という政府によって指定された国定史跡があります。この地域は泥火山の宝庫であるだけでなく、先史時代の岩絵が数多く残されています。それらの岩絵の考古学的な価値が認められ、国立保護区は2007年に「コブスタンの岩絵の文化的景観」としてユネスコの世界遺産にも登録されました。

「コブスタンの岩絵の文化的景観」に指定された区域には、6000点以上の岩絵が残されていると言われています。そこいらじゅうに岩山や大きな岩が転がっており、それらの岩の平面に棒人間のような簡易な絵が描かれているわけです。

数が多いだけあって絵の題材はさまざまで、当時の人間や動物、神様、戦闘の様子、踊っている姿、アシ舟に乗った人々、武器を持った戦士、ラクダの隊商、星辰、レイヨウを狩る姿などがあります。古いものだと二万年以上むかしに描かれた岩絵もあると言われています。先史時代の人々の生活を知ることができる希少な資料として、「コブスタンの岩絵の文化的景観」には考古学的にも重要な価値があります。

岩絵の保存状態はかなりばらつきがあり、何が描かれているのかはっきりと見て取れるものもあれば、目を凝らさないと描線が追えないものまであります。「コブスタンの岩絵の文化的景観」の岩絵はあちこちに点在しているので、岩絵を探しながら歩き、一緒にいる人たちと何が描かれているのかあれこれ言い合ってみるのも一興かもしれません。

また、「コブスタンの岩絵の文化的景観」に指定されている保護区は、多数の泥火山があることでも有名です。泥火山とは、地底深くにある粘土が地下水やガスなどによって地表に噴出したもののことです。テレビなどで、泥の溜まりの中からコポコポと空気や水を含んだ泥が沸いているのを見たことがあるかもしれません。

泥火山は世界に700ほどしかないと言われていますが、そのうちのなんと400ほどがアゼルバイジャンとカスピ海にあるとまで言われています。「コブスタンの岩絵の文化的景観」では岩絵だけでなく、なかなか目にすることのできない泥火山を間近で見物することもできるのです。

「コブスタンの岩絵の文化的景観」は世界遺産に指定されアゼルバイジャン最大の観光地の一つですが、アゼルバイジャン自体に訪れる観光客が少ないため混雑しているという感じではありません。古代人が残した遺跡の中をゆったりと見て歩くことができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国