中東諸国世界遺産 - ヨルダン

アムラ城

「アムラ城」は、ヨルダンの中央部に位置する遺跡です。ウマイヤ朝時代に造営された城の跡であり、ヨルダン国内にある砂漠の城の中でもっとも美しいものといわれています。現地の紙幣にも「アムラ城」の絵が使われています。1985年にユネスコの世界遺産に登録されました。

「アムラ城」は、8世紀にウマイヤ朝の王ワリード1世によって造営されたと考えられています。征服地を統治するためという大義名分のもとで作られたものの、本当の目的は、王族たちが国民に隠れて享楽するために造られた離宮であるというのが定説のようです。

イスラームの戒律は厳格ですから、王族といえども堂々と快楽をむさぼるわけにはいかず、ウマイヤ朝の首都ダマスカスから離れたこの城館を隠れ蓑にしていたのでしょう。王族のわがままを伝えるエピソードなのですが、なんだか人間味を感じさせてほほえましく思えてしまいます。

「アムラ城」の建物は煉瓦で作られたこじんまりとした外観をしており、低い屋根の上にドームが乗っかっています。建物の中に入るとまずは謁見室として使われていたと思しきホールがあり、壁や天井には彩り鮮やかなフレスコ画が描かれています。ラクダや裸婦や人々の生活姿などが確認できます。また左右の壁に描かれた四人の人物は、ビザンツ皇帝カエサル・西ゴート王ロドリーゴ・サーサーン朝皇帝ホスロー・エチオピア王ネグス、以上の四支配者であると考えられています。

城内の奥にはサウナ室と浴場があり、「アムラ城」ではこれらの浴場施設がもっとも有名です。サウナ室のドーム型天井には北半球の星座図が描かれており、見ていて飽きません。数千年もの昔に、王族たちもサウナを楽しみながらこれらの天井画を眺めたことでしょう。建物の横には深さ40メートルの井戸が掘られてあり、ここから水を汲んできて使っていたようです。

「アムラ城」に残されているフレスコ画の様式からは後期ヘレニズム文化の影響が窺え、美術的にも重要な価値があります。近年フレスコ画が修復されたばかりなので、青と黄の鮮やかな彩色を鑑賞することができます。

世界遺産の中では小ぶりな印象を受ける「アムラ城」ですが、建物の簡素で美しい佇まいや保存状態のいいフレスコ画など、城自体が一つの芸術品であると言っても過言ではないでしょう。派手さや華々しさはなくとも、魅力的な世界遺産です。ヨルダンに赴いたついでにでも観光してくることをお勧めします。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国