中東諸国世界遺産 - オマーン

バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群

「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」は、オマーンに点在する古代遺産群です。その名称からもわかる通り、バットのネクロポリス(共同墓地)、アル=フトゥムの塔、アル=アインのネクロポリス、この三遺跡を併せて一つの世界遺産として1988年ユネスコに登録されました。もともとは「バッドのネクロポリス」としてオマーンが推薦していたのですが、審議の結果、現在のように周囲の二つの遺跡とまとめての登録になりました。

「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」があるマガン地方には、かつてマガン国という国家があったとされています。しかし、その民族や由来など詳しいことはほとんどわかっていません。確かなことは、遺跡が残るアフダル山脈では紀元前2500年ごろから銅の採掘が営まれていたこと、そして交易によって銅を遠くメソポタミアまで輸出していたらしいということです。華々しいメソポタミア文明に銅を供給することで、陰からその発展を支えていたと言えるでしょう。

大規模で立派な古代遺跡を期待して「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」に足を運んでしまうと、少々肩透かしを食らうことでしょう。というのも、現在これらの遺跡に残されているのは、石を積んで造られた小屋のようなものや、跡形もなく崩れ去ったかつての集落跡など、こじんまりとしたものが多いからです。

そうはいっても世界遺産に登録された「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」は、考古学的にみて極めて価値のある遺跡です。外から見ると蜂の巣のように見える小屋が並んだ古代のネクロポリス跡は、葬送儀礼の変遷を考えるうえで貴重な資料となりえます。またバットの遺跡からは、6メートルほどの高さの塔が五つほど発掘されました。いったいこれが何なのかはまだ解明されておらず、今後の発掘調査による成果が期待されています。これからまた新しい何かが出てくるかもしれない、発掘途上の遺跡なのです。

未だ謎の多い「バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群」。これだけを見るためにオマーンまで行く人はあまりいないと思いますが、同じくオマーンにある世界遺産「バハラ城塞」からそれほど遠くない位置にありますので、そちらの観光のついでに寄ってみるといいと思います。オマーンのゆったりとした空気の中、散歩でもするつもりで見て回ってみてはいかがでしょうか。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国