東南アジア世界遺産 - フィリピン

ビガン歴史都市

フィリピン最大の島ルソン島、その北西部に「ビガン歴史都市」はあります。海のすぐ近くにあり、かつて貿易の中心地として栄えた町です。当時、ビガンはスペインの統治下にありました。そのため、とても東南アジアとは思われないような独特の街並みが残されています。1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。

「ビガン歴史都市」にある建築物は、統治国スペインはもちろん、中国や中南米の影響も受けているといわれています。道の左右に並ぶ家はほとんどが白壁で、がっしりとした石造りの西洋風建築になっています。石畳の道路の上を観光客を乗せた馬車が通り、まるで西洋中世にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えることでしょう。夜になると通りにオレンジ色の街燈が灯り、なんとも言えない情緒味あふれる光景が出現します。

「ビガン歴史都市」の主な観光スポットとしては、まず“セント・ポール大聖堂”があります。シンプルな造りながら、広い空の下にどっしりと構えた白亜の建物は異国情緒を濃厚に湛えています。また、スペインと見紛うような街並みがとりわけ保存されている“サルセード広場”も絶対に外せない場所です。

現在のフィリピンの首都であるマニラにもかつて同じような街が形成されていました。しかしながら、そちらは太平洋戦争のさいに戦場となり破壊されてしまいます。実はビガンも当初アメリカ軍が攻撃を予定していたと言われています。なぜこの地だけが戦火を免れ、後の世界遺産「ビガン歴史都市」を残すことができたのか。これに関しては非常に興味深い話が伝えられています。

太平洋戦争時、この地には日本軍が駐留していました。日本兵の中には現地で結婚した人も多くいました。日本の敗戦が濃厚になってきたとき、日本人将校が「この街が破壊されないように取り計らってほしい」と現地の司教に告げて敗走を決意しました。この地に置いて行かねばならない家族たちへの愛が彼らにそのような行動を取らせたのです。結果、司教から日本軍の撤退を知らされたアメリカ軍は攻撃を取りやめ、「ビガン歴史都市」の美しい街並みを現在に残すことができたのです。

愛の物語によって救われた「ビガン歴史都市」。フィリピンの首都マニラから約400キロの距離にあるため、バスで10時間ほどで行くことができアクセスも便利です。ルソン島にはフィリピンの世界遺産が他にもいくつかありますので、ぜひ他の遺産と合わせて訪れたい場所の一つです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国