東南アジア世界遺産 - フィリピン

フィリピン・コルディリェーラの棚田群

「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」はフィリピン北部のルソン島にある棚田地帯です。ルソン島の中央に“コルディリェーラ”(スペイン語で山脈)と呼ばれる山域があり、そこの山々の斜面が棚田として利用されています。1995年にユネスコの世界遺産に登録されました。

棚田というのは、そのままでは稲作に適さない山岳地帯の斜面を階段状に整地することで水平の土地を作り出し、田畑として利用可能にした土地のことです。英語では“ライス・テラス”と言います。日本国内でも珍しいものではなく「日本の棚田百選」というものまで存在しますが、「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」は規模が桁外れです。

「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」はその総延長が2万キロメートルを超すと言われています。これは地球を半周してしまう長さです。当然ながら、世界最大の棚田群になります。見渡す限りの山の斜面を覆い尽くす棚田の姿は圧巻の一言で、「天国への階段」という異名をとるのも頷けます。

いったいこれほどの規模の棚田はいつ頃から作られたものなのか。「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」の歴史はなんと紀元前まで遡ります。紀元前1000~300年頃にイフガオ族という山岳民族が棚田の造営を始めたとされ、現在でも彼らの子孫が棚田に囲まれた集落に住み稲作を営んでいます。「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」は2000年以上のあいだ、脈々と受け継がれてきた人類の遺産なのです。

現役で使われている棚田のため、訪れる時期によって景観はがらりと変わります。水をたたえてキラキラと光る棚田、稲が伸びてきて瑞々しい緑に膨らんだ棚田、収穫期の黄金色に輝く棚田……。どれをとっても、そのスケールと美しさに圧倒されることでしょう。

棚田の中にはそれぞれイフガオ族の小さな集落があります。日本昔話に出てきそうな切妻造りの可愛らしい住居で、棚田に囲まれてひっそりと寄り集まった姿は穏やかな趣があります。集落にはねずみ返しのついた高床式の食糧庫があり、日本史の教科書で見た弥生時代のそれを彷彿とさせます。イフガオ族の集落にはガスも電気も電話もなく、自然と一体化した昔ながらの生活がそのまま保存されているのです。

「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」の観光は、避暑地として有名なバギオという街から車でバナウェに向かうのが一般的です。下車後一時間ほど山道を登れば、棚田群を眺望できるビュースポットに着きます。眼下に見渡す限りの棚田が広がるその光景に心を奪われること間違いなしです。フィリピンを訪れた際にはぜひ観光してほしい世界遺産の一つです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国