東南アジア世界遺産 - バングラディシュ

バゲルハットのモスク都市

「バゲルハットのモスク都市」はバングラディシュの南部、クルナ管区バゲルハット郊外にある遺跡群です。クルナの町から船で川を渡り、バスで少し行ったところにあります。1985年にユネスコの世界遺産に登録されました。

「バゲルハットのモスク都市」は、15世紀にハーン・ジャハーンという王によって造営されたものです。もともとこの辺り一帯は熱帯雨林が広がる湿地帯で、民たちは深刻な塩害に悩まされていました。そこをイスラームの王ハーン・ジャハーンが大規模な開拓を行い、数多くのモスクを擁する一大宗教都市を築いたのです。伝説によると、かつては360のモスクが存在したとも言われています。

「バゲルハットのモスク都市」にあるモスクの多くは、ハーン・ジャハーン様式と呼ばれる建築様式を特徴にしています。ムスリム様式とインド様式をミックスした建築スタイルで、ここバングラディシュでしか見ることができない独特なものです。

中でも有名なものが“シャイト・ゴンブス・モスク”です。これはバングラディシュ最大級のモスクになります。名前の由来は「60のドームを持つモスク」という意味のベンガル語で、実際に60の小ドームと大ドームが低い屋根の上に並んでいます。

外から見ると、平べったいレンガ造りの赤茶けた建物で、周囲ののんびりとした緑の風景と相まって情緒味あふれる建物です。しかし中に入ると印象が一変して、真っ白い空間が開けます。白い大きな石柱が規則的に並び、外界から隔離されたような神聖さを感じさせる空間になっています。「バゲルハットのモスク都市」の遺跡群の中でも保存状態が非常に良く、当時のままの状態を目にすることができます。

また、「バゲルハットのモスク都市」にはハーン・ジャハーンの霊廟も残されています。彼はイスラム教を厚く信仰し、都市整備によって民を救った英雄であり、ムスリムの間で聖人として人気の高い人物です。霊廟には彼の棺が安置されており、地元民の姿もちらほらと見られます。

「バゲルハットのモスク都市」は世界遺産に登録されているものの、モスクや霊廟は現在でもムスリム(イスラム教徒)が参拝に訪れる場所です。観光の際は、礼節を守りムスリムの邪魔にならないようにするのはもちろん、できるかぎり肌の露出を避けましょう。モスクは原則的に女人禁制ですが、観光客であれば中に入ることができます。

「バゲルハットのモスク都市」は、世界遺産にも登録されているバングラディシュ有数の観光地ですが、バングラディシュに訪れるツーリスト自体が少ないため、観光客でごった返すという状況にはなっていないようです。未だツーリズムに侵されていない素のままの聖地をゆっくり見て回れるのも、「バゲルハットのモスク都市」の魅力の一つと言えるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国