東南アジア世界遺産 - ネパール

カトマンズの渓谷

1979年、ネパールの首都カトマンズのある盆地とその周辺が、「カトマンズの渓谷」としてユネスコの世界遺産に登録されました。その中にはカトマンズ市の他に、ラリトプル市とバクタプル市も含まれています。盆地は「世界の屋根」ヒマラヤの南部、標高1300メートルに位置しています。

古代からこの地には先住民であるネワール人が住んでいました。そして、13世紀になってマッラ王朝が誕生します。現在残っている寺院や宮殿はこの王朝時代に建立されたものがほとんどです。

初めはバクタプルが王朝の中心だったのですが、まず15世紀にカトマンズに、続いて17世紀にパタン(現在のラリトプル市)に、それぞれ新しい王が誕生し独立します。結果としてこの地には、カトマンズ、パタン、バクタプルの三つの王国が連立することになりました。そしてこの三人の王が競い合うように宮殿や寺院を建て、それぞれの都市でネワール文化が花開き、後の世界遺産「カトマンズの渓谷」を生み出したわけです。

かつて3つの王国がひしめきあった地だけあって、「カトマンズの渓谷」の見所はたくさんあります。ここでは特に人気の高いスポットを簡単に紹介してみましょう。
まず、巨大なチベット仏教の仏塔“ボダナート”がカトマンズにあります。高さ約36メートルのネパール最大のもので、チベット仏教の中心地でもあります。丸いドームの上に仏陀の知恵の目が四方に描かれた台座が置かれ、その上に三角の尖塔が乗った形をしています。尖塔のてっぺんからは万国旗のようにカラフルな旗(タルチョー)が八方に伸びていて、これぞネパールという独特の光景を目にすることができます。

同じくカトマンズにはネパール最大のヒンドゥー教寺院“パシュパティナート”も存在しています。シヴァ神を祭った寺院で、火葬場としてもたいへん有名な場所です。カトマンズの霧はこの火葬場の煙であるとまで言われます。

また、ネパールにおける現人神クマリが住んでいる“クマリの館”もカトマンズにあります。クマリには女神ヴァジラ・デーヴィーや女神ドゥルガーが宿っているとされ、国内から選ばれた一人の少女が初潮を迎えるまでその大役を務めます。館には庭に面した窓があり、運が良ければそこからクマリが数秒間顔を出してくれるということです。

「カトマンズの渓谷」に含まれる3市には、それぞれダンバール広場と呼ばれる中央広場があり、チベット仏教寺院や地元の工芸品などを売るお店が集中しています。あちこちに寺院や宗教的なシンボルを目にすることができ、特徴的な家並みや賑やかな露天など、広場周辺は情緒あふれる景観になっています。

ネパールの首都周辺でもあり、国内におけるチベット仏教及びヒンドゥー教の最重要地でもあり、ネワール文化の伝統を伝える世界遺産でもある「カトマンズの渓谷」。ネパールのエキゾチックな魅力を味わうのに絶好の場所と言えるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国