東南アジア世界遺産 - ネパール

ロイヤル・チトワン国立公園

ロイヤル・チトワン国立公園は、ネパール南部に位置している自然保護区域で、ネパールで最初に国立公園に指定された場所です。多様な植生を誇るジャングルと絶滅の危機に瀕した野生動物が多数生息していることから、1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。なお現在では、「ロイヤル」が外され「チトワン国立公園」という名称に変更されています(王権が廃止されたため)が、日本のガイドブックなどには「ロイヤル・チトワン国立公園」という旧名で掲載されていることも多いです。

ロイヤル・チトワン国立公園は亜熱帯気候に属し、潤沢な河川と湿地帯特有の豊富な植生に恵まれています。公園の総面積は932km2です。広大な森林や草原に加え、川辺にはカポックやアカシアなどの樹木や、エレファントグラスと呼ばれる人間よりも背の高い草などが鬱蒼と生い茂り、我々の想像する“ジャングル”に近い印象の風景が広がっています。

もちろん、これだけの自然が手つかずで残っていれば、そこに生息する動物たちの生態系も多様なバリエーションをみせます。絶滅危惧種であるベンガルタイガー、ここネパールにしか生息していないアジア一角サイ、淡水に住む珍しいイルカ、野生のアジアゾウ、湿地ワニ、ヒョウ、その他多種多様な野生動物を見ることができます。

ロイヤル・チトワン国立公園では、ゾウの背中に乗って公園内を見て回るエレファントサファリが一般的です。のんびりと野生動物たちを眺めながら雄大な自然の中を探検することになります。手元のパンフレットなどと見比べながら、珍しい動物たちを目を凝らして探し出すのはたいへん面白い体験です。動物園の狭い檻に閉じこめられたものとは違った、自然そのものの姿を観察することができるでしょう。

もちろん、野生動物たちは公園内で自由に生活しています。そのため、お目当ての動物に会えるかどうかは運次第です。旅行者の体験談によると、アジア一角サイにはかなりの高確率で遭遇することができますが、人気の高いベンガルタイガーにはなかなかお目にかかれないのが実情のようです。もし会えたらラッキー程度に考えておくといいかもしれません。

サファリ以外にもカヌーによる川下りやバードウォッチングなどのアクティビティを楽しむことができます。ロイヤル・チトワン国立公園には450種類以上の野鳥が生息しており、世界一とも言われています。ゾウの飼育場では、ゾウの子どもと握手をすることもできます。

ネパールに限らず世界随一の植生と野生動物を誇る世界遺産「ロイヤル・チトワン国立公園」。日本では到底お目にかかれない大自然に触れることができます。ネパールの首都カトマンズ(こちらも世界遺産に登録されています)からのアクセスも整備されていて、気軽に足を運ぶことができるのも嬉しいところです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国