東南アジア世界遺産 - タイ

古都アユタヤ

タイ王国の中央部、チャオプラヤ・パーサック・ロップリーの三つの河川に囲まれた中州に古都アユタヤはあります。貴重な文化遺産として1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。

古都アユタヤは、その名の通り、14世紀から18世紀にかけてこの地に存続したアユタヤ王朝の都跡です。アユタヤ王朝は河川を利用した貿易で栄華を誇り、その収益を用いて多くの寺院や仏像などが建立されました。最盛期には400を超える寺院があったとされ、黄金の都と称されるほどだったと言います。

しかし、1767年のビルマの侵攻によって、400年に及ぶアユタヤ王朝の歴史は幕を閉じます。建築群も大規模な破壊行為を受け、多くの寺院や宮殿などが廃墟と化してしまいました。

とはいえ現在でも、一日ではとても見て回ることができないほど多くの遺跡が残されています。建築様式も様々で見ていて飽きることがありません。タイにある世界遺産の中でも、古都アユタヤが観光客にとくに人気があるのも頷けます。

古都アユタヤの有名スポットを上げると、アユタヤ王朝3人の王の遺骨が納められた三仏塔“ワット・プラ・スィー・サンペット”、大きな金色の仏像が鎮座する“ワット・プラ・モンコン・ボビット”、周囲を数多くの座仏像が囲む“ワット・ヤイチャイモンコン”、全長約80メートルの寝釈迦像が残る“ワット・ロカヤ・スタ”などがあります。

“ワット・マハータート”の廃墟跡には、仏頭が埋まった樹木があります。巨大な仏像の頭部が大樹に絡め取られた様は、まるでファンタジーの世界です。他にも、日本人傭兵隊長・山田長政が活躍した日本人街跡が残っていたりと、古都アユタヤの見所は無数にあります。

ほとんどの遺跡には実際に中に入って登ることができ、高い場所から遺跡群を見晴らすことができます。“象の囲い”と呼ばれる場所もあり、一部の遺跡群はゾウに乗って見て回ることもできます。

夜になるといくつかの遺跡はライトアップされ、昼間とはまた違った趣を味わえます。街灯が少なく真っ暗な闇の中に浮かび上がる寺院建築は、不思議な魅力をたたえています。

世界遺産・古都アユタヤの良さは何といっても、朽ちた遺跡群が醸し出す寂寥感にあります。かつて栄華を極めた黄金の都の変わり果てた姿は、まさしく古都(Historic City)と呼ぶにふさわしく、歴史ロマンを存分に感じさせてくれるでしょう。

古都アユタヤは、タイの首都バンコクから片道2時間ほどで行くことができ、日帰り観光も気軽にできます。タイでは一日100円ほどで自転車をレンタルすることができますので、気の向くままにこの世界遺産を見て回るのも良いかもしれません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国