東南アジア世界遺産 - カンボジア

プレアヴィヒア寺院

カンボジアの世界遺産と言えばアンコールワットを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はもう一つユネスコに登録されている世界遺産があります。それがプレアヴィヒア寺院です。

2008年に新しく登録されたこの遺跡は、もともとはヒンドゥー教の寺院で最高神シヴァを祀っものでした。起源は9世紀のクメール王朝にまで遡れます。現存する遺跡としては、11世紀以来クメール文化のもとで増改築が繰り返された建築群が残っており、シヴァ神など神話のワンシーンを象った彫刻なども見ることができます。

プレアヴィヒア寺院は南北に800メートル続いており、いくつもの門と中庭を通り抜けて進んでいきます。一つの門をくぐると開けた中庭に出て、再びその先にある門をくぐる……というのを繰り返すことになります。門の一つはカンボジアの紙幣にも描かれており、現地でもクメールの誇りとされている遺産であることが窺えます。

遺跡の保存状態はまちまちですが、門に彫り込まれた細かいレリーフが綺麗に残っているところもあり、クメール文化独特の装飾美術を味わうことができます。年月を重ね朽ちた色合いの建築と、周囲の活き活きとした自然が、遺跡というものの良さを感じさせてくれるでしょう。

もう一つ、プレアヴィヒア寺院の見所といえば、何といってもそのロケーションにあります。遺跡は小高い丘の上に位置しており、崖下に見渡す限りの平野が眺望できます。海抜600メートル超の断崖絶壁から眺める、だだっ広い空と霞む地平線は、大自然の雄大さを感じさせてくれます。

プレアヴィヒア寺院はカンボジアとタイの国境近くに位置しており、この世界遺産の所有権を巡って紛争が勃発しました。国際裁判によってカンボジアの所有権が認められたものの、プレアヴィヒア寺院には未だに兵士が在駐しています。とはいえ、旅行者の方々が兵士たちと記念撮影をしてくるくらいで安全性には問題がなく、むしろ観光の一要素となっていると言えるかもしれません。

現在、タイ側からの通路は鉄線で封鎖されており、プレアヴィヒア寺院へはカンボジア側からしか行くことができません。カンボジア側からであれば、アンコールワットのあるシェムリアプからの道路が整備されているため、車で3時間ほどで気軽に行くことが可能です。

世界遺産に指定されているにもかかわらず、連日人でごった返すアンコールワットに比べると観光客も少なく、寺院内にも地元民のくつろぐ姿がちらほら見られます。のんびりした空気と大自然に囲まれながら世界遺産を見て回れるのも、プレアヴィヒア寺院の大きな魅力の一つと言えます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国