西・中央アジア世界遺産 - パキスタン

モヘンジョダロの遺跡群

「モヘンジョダロの遺跡群」はパキスタン南西部、インダス川沿いにある世界遺産です。世界四大文明の一つであるインダス文明最大の遺跡として歴史の教科書に載っているため、その名を聞いたことのない人はまずいないでしょう。1980年にユネスコの世界遺産に登録されました。

「モヘンジョダロの遺跡群」に人間が住んでいたのは、紀元前2500~1800年頃のことです。世界最古の都市遺跡であるとも言われます。それほど気の遠くなるような昔に造られたにも関わらず、都市は綿密な計画に基づいて造営されたことが窺えます。碁盤の目のように区画され東西南北に道が伸び、なんと上下水道も完備されていたと言います。「モヘンジョダロの遺跡群」は世界最古の都市であるとともに、世界最古の計画都市でもあったのです。

この都市にはかつて4万人の人間が暮らしていたと推測されていますが、滅亡の原因など詳しいことはわかっていません。一説によると大洪水によって一瞬のうちにインダス文明は滅びたとも考えられています。4500年以上前に造られた都市の詳細は未だに歴史の謎に包まれているのです。

「モヘンジョダロの遺跡群」に残る建造物はほぼすべて焼き煉瓦で造られています。高く積み上げられた煉瓦の壁が街全体に張りめぐらされていて、まるで迷路のような外観を呈しています。うっかりしていると迷子になってしまいそうです。このことは言い換えれば、4500年前の古代都市が街の原型を留めたまま残っているということです。

整然と区画された住宅跡やそれに合わせて巡らされた排水溝、公共施設であった沐浴場に古代のゴミステーション(ゴミは一箇所に集めておいて城外へと運んだらしいです)、さすがに朽ち崩れて下部だけになっている仏塔跡、集会場やそこら中に点在している井戸、当時の高級住宅街と思われる区画には二階建ての住宅もあります。そしてそれらがすべて煉瓦を積み上げてできているのです。

「モヘンジョダロの遺跡群」には現在でも古代計画都市の面影が色濃く残っていおり、当時の人たちの生活に思いを馳せるのはそれほど難しいことではありません。灼熱の日差しの下で古代文明の迷宮を歩いていると、まるでタイムスリップでもしたような不思議な気持ちになってくることでしょう。歴史の教科書にも載っている世界遺産「モヘンジョダロの遺跡群」。パキスタンを訪れた際にはぜひ足を伸ばして、世界最古の街を歩いてみるといいでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国