西・中央アジア世界遺産 - モンゴル

オルホン渓谷の文化的景観

「オルホン渓谷の文化的景観」はモンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。大草原を擁するモンゴルには古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな民族・王朝が栄枯盛衰を繰り返した土地です。「オルホン渓谷の文化的景観」はそれらの歴史を物語る重要な遺産として、2004年にユネスコの世界遺産に登録されました。

なぜ広大な土地に住む遊牧民の歴史がオルホン渓谷に集約されているのかと言うと、この地が草原の王者の座とされてきたからです。オルホン渓谷にあるウテュケン山はテングリ信仰において神聖視されており、遊牧民の王である“ハーン”はこの山から力を得て突厥(中央ユーラシアの遊牧国家)を統率する神権を与えられていると考えられてきました。
そのゆえ、この渓谷は支配者にとって最重要地域として機能し、数々の歴史的モニュメントが「オルホン渓谷の文化的景観」の指定区域に集まることになったのです。

「オルホン渓谷の文化的景観」のなかで最も古いものが「オルホン碑文」です。かの有名な突厥文字によって書かれた石碑であり、王を称え歴史を叙述する内容のものです。突厥文字とともにテュルク語も並記されており、古代テュルク語を復元する上で考古学的に極めて重要な価値があります。

8世紀に建設された“オルド・バリク城址”の跡である「カラ・バルガスン遺跡」も残されています。「カラ・バルガスン」とはモンゴル語で「廃墟の都市」という意味で、その名の通り宮殿跡の土塁と周囲の城壁が残されているばかりです。とはいえ、大自然を感じされるロケーションの中に朽ちた巨大な土塁や城壁が残る様はそれだけで十分圧巻です。

また、16世紀に建てられたモンゴル最古の寺院である「エルデネ・ゾー」もあります。寺院は108もの仏塔がある城壁で四角く囲まれており、後に建てられた黄金の仏塔には10万もの仏陀増があると言われています。共産主義の時代に一部が破壊されつつも生き残った貴重なチベット仏教寺院です。他にも、かのチンギス・ハーンが造営した都カラコルムの遺跡があったりと、「オルホン渓谷の文化的景観」の見所はたくさんあります。

モンゴルの遊牧民の歴史を凝縮した世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観」。現地では遺跡だけはなく、ゲル(遊牧民が使う移動式住居)に宿泊するツアーなどもあるので、遊牧民の文化を存分に味わうことができます。遺跡を見て回りながら、ステップを駆け回った遊牧民たちのロマン溢れる歴史に触れてみてはいかがでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国