中米世界遺産 - パナマ

パナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ

南米の最南端の国、パナマ共和国にあるパナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソは、パナマ共和国で最も早く世界遺産に登録された遺産です。これはポルトベロに残る5つの要塞跡と、サン・ロレンソ要塞の遺構から構成されています。

パナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソの歴史を見ると、このパナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソは、パナマ共和国の中央のカリブ海の海岸に17世紀から18世紀に構築された沿岸防衛のための要塞のことである。日本人に分かりやすく説明するのであれば、ジブラルタル海峡にあるジブラルタル要塞、もっと新しくなりますが、ナチスドイツが構築した西大西洋沿岸部要塞、日本で言うなら、規模も形も違いますが、東京のお台場みたいなものでしょうか。

このパナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ建設のおかげで、海賊などからの襲撃が減り、治安が安定したことからペルーなどをはじめとする南米各地からの金銀の集積地として、メキシコのベラクルス、コロンビアのカルタヘナと並んで、大西洋沿岸の貿易のハブとして繁栄していくことになりました。

ここの見どころとしては、鋳造された砲が見られることです。当時の砲は先込式の砲ですから、火薬を前から詰め、玉を入れて火縄か火つけ石で点火、発砲します。多分、砲のさびの状態から言って当時のものであると思いますが、実際行って確認してみるのもまた旅の醍醐味となると思います。また、要塞は敵を見渡せる位置に立地しますので、要塞から見る海の眺めは最高です。この景色を堪能するのもまた旅の醍醐味になると思います。

パナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ、実は見どころ満載の観光スポットです。

このパナマのカリブ海側の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ、日本からの観光ツアーは皆無に等しいのです。ですから、パナマ共和国まで行って、そして現地に直接行くことをお勧めすることになります。

パナマ共和国へは、パナマシティまでの観光ツアーが多く出ていますので、アメリカの各地域の空港を、特にロサンゼルス空港などを経由して行くようになります。また、パナマ共和国に支店のある旅行会社に問い合わせをして、オプショナルツアーとして組み込めることをお勧めします。もちろん、旅行の達人であれば、自分自身で全ての行程を組み立てることが出来ると思いますが、初心者の場合、旅行会社を経由することをお勧めします。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国