中米世界遺産 - コスタリカ

ココ島国立公園

アメリカ大陸の中央に位置する国として有名な国はキューバやパナマなどがありますが、自然が豊かで有名な国としてコスタリカが存在します。このコスタリカにはグアナカステ保全地域など、世界遺産に登録されている地域もありますが、その地域の一つに、ココ島国立公園があります。ココ島国立公園はコスタリカの一つの島です。コスタリカ本土から南西550Km、東太平洋上に浮かんでいます。

みなさんご存知かも知れませんが、マイケル・クライトンの小説、ジェラシック・パークの恐竜を蘇らせて公園にしようとした架空の島、ソルナ島とヌブラル島がこのココ島国立公園をモデルとしたと言われています。また、スティーブンソンの小説宝島の舞台として知られています。このことからも分かるように、ココ島国立公園はとても自然豊かな島です。このココ島、火山島で断崖絶壁が取り囲んでいて、熱帯雨林に覆われています。面積46.6キロメートル、最高地点が634メートルです。

また、この島の周囲の海はとてもきれいで、ダイバースポットとしても有名です。ダイバースポットに行くための観光ツアーも実施されています。このココ島のダイバースポットに行く観光ツアーに参加するためにはアメリカ経由でサンホセに行く必要があります。

そこからは現地のダイバーズクラブに問い合わせ(もちろん、日本から予約も可能です。但し、現地語であるスペイン語か英語は必須だと考えてください)、船に乗って現地に行きます。ダイバースポットに行って見られるハンマーヘッドの群れは迫力満点だと言われています。またジンベイザメもよく見かけることができるそうです。それ以外にも、ガラパゴスシャーク、ホワイトチップシャーク、マンタ、エイ、カレイ、亀、イルカ、うつぼ、ハコフグ、マグロなど、たくさん海の生き物を見ることが出来ます。

また、夜のダイビングを楽しめるのも、このココ島ダイバー観光のメリットであると言えます。ホワイトチップシャークの群れなどを見ることが出来るのは、この夜のダイビングのメリットとなります。実際に行った人の感想では、ココ島に行くのには片道35時間から40時間ほどかかりますので、船酔いしてしまうことがあるそうです。

自然豊かなココ島国立公園、日本の裏側の方にある国ですので我々日本人にはあまり縁がありませんが、それだけに日本ではあまり見かけることが出来ないさまざまな自然を体験することが出来ます。一度コスタリカのココ島国立公園、観光してみてはいかがでしょうか。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国