オセアニア世界遺産 - ニュージーランド

テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド

ニュージーランドと言えば、どんなことを思い起こしますか?
オーストラリアの隣にある国で、牧羊が有名と思われる方が多いかもしれません。 ニュージーランドは人口の数よりも羊の数の方が多いそうで、羊毛や羊の肉(ラムなど)を多く輸出しているそうです。

首都はウェリントンですが、観光地としてはむしろオークランドやクライストチャーチの方が人気があるようで、おしゃれな港町の雰囲気を楽しんだり昔ながらの町並みを散策することも人気がありますが、やはりニュージーランドに行くからにはその自然を満喫してほしいと思います。

ニュージーランドの観光スポットして有名なのは、ニュージーランド最高峰の山であるマウントクックを擁するマウントクック国立公園や南島のフィヨルドランド国立公園やその中にあるフィヨルドの一つであるミルフォードサウンドなどが挙げられます。

このフィヨルドランド国立公園は世界遺産に登録されており、クルーズやトレッキングを楽しんだり洞窟があったりと自然が満載の国立公園で、世界中からの多くの観光客を魅了しています。
このようにニュージーランドは自然豊かな国ですが、マウントクックとフィヨルドランド国立公園、マウント・アイスパイアリング、ウエストランドの4つの国立公園を含んだ自然公園がテ・ワヒポウナム-南西ニュージーランドという名前なんです。

マウントクックなどの名前は知っていても、テ・ワヒポウナムという名称はあまり耳なれない名前ですが、1990年に世界遺産に登録され、現地の言葉であるマオリ語で「ひすいのある場所」を意味するんだそうです。

この世界遺産のテ・ワヒポウナム-南西ニュージーランドには、先に上げたマウントクックやミルフォードサウンドの他にもテ・アナウ湖というニュージーランドで2番目に大きい湖や、湖面がまるで鏡のように景色を映し出すミラー湖、タスマン氷河や「双子の氷河」と呼ばれるフランツ・ジョセフ氷河などもあり、見どころがたくさんあります。

また、このテ・ワヒポウナム-南西ニュージーランドの周辺は雨量が大変多いので希少な冷温帯雨林となっており、ニュージーランドの国鳥であるキウイをはじめニュージーランドオットセイ、肉食のカタツムリなどの固有種も多く、こういった動物を見かけることができるかもしれません。

このように山や湖、フィヨルドなどの大自然が満喫できるニュージーランドの世界遺産テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランドは、何日滞在してもきっと飽きることない景色が広がっている世界でも有数の絶景スポットです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国