タンザニア世界遺産

セレンゲティ国立公園

みなさんはタンザニアにある「セレンゲティ国立公園」という世界遺産(自然遺産)をご存じですか?
セレンゲティ国立公園はタンザニア連合共和国の北部エリアに位置しており、マラ州やアルーシャ州、そしてシニャンガ州のエリアにまたがるように広がっている自然公園です。

1981年にユネスコの世界遺産に指定されたセレンゲティ国立公園は、スワヒリの言葉で「果てしなく広がっている平野」を意味しており、日々たくさんの観光客を迎え入れています。

あまり知られていませんが、ライオンやチーター、2100頭ものアフリカ象、キリン、水牛などの動物を観ることができるスポットとしておなじみです。

この世界遺産は、重要な自然環境として万全の設備のもとで保護されているのですが、やはり日本から遠く離れているため中々観光することができません。

メディアで取り上げられることも中々ない為あまり知ってる人もいないのですが、実際行ってみると、生き生きとたわむれる野生動物やヌーの群れ、日本では観たことのないような珍しい野鳥たちの飛翔など、かがやかしいばかりの大自然を見学できるので、動物が好きな方ならかなり楽しめる筈です。

誰もが一度はテレビで観たことがある、あのヌーの大群を生で見られる世界遺産はセレンゲティ国立公園くらいなので、「遺跡じゃなくてもっとアクティブなスポットに行きたい!」という方はぜひセレンゲティ国立公園を訪問してみましょう。

ちなみにこの世界遺産はキリマンジャロの山の裾の部分に位置しており、かなり広大な範囲のサバンナになっています。

キリンだけでも一万頭近くいると言われており、どう猛な動物もかなり多く棲息しているので、ガイドさんから離れて歩く時は、野生動物に近づきすぎないように注意しなければなりません。

象などはまだ温厚な性格をしていますが、キリンはかなり戦闘能力が高く凶暴な一面をもっていたりしますし、上記の動物意外にもハイエナやレオパードと行った足の速い動物もいるので、トラブルがないようになるべくガイドさんの言うことを聞いて見学するようにしましょう。

もちろんヌーやシマウマの大軍の大移動を遠巻きに眺める程度であれば、まったく問題なく安全に過ごすことができるので不安に思う必要はありません。

ロケーションも季候も何から何まで日本と違う、真反対の世界遺産なので、より新鮮な環境の中にある世界遺産を求めているのであればこういった世界遺産がかなりおすすめです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国