エジプト世界遺産

聖カトリ-ナ修道院地域

エジプトというと、まず最初に思い浮かべられるのが、あの雄大な世界遺産のピラミッドやスフィンクスなどであると思われますが、その他にもエジプト世界遺産で見所の場所がたくさんあります。

その世界遺産の一つが、聖カトリーナ修道院地域であるといえるでしょう。
エジプトのシナイ山の北のふもとにたたずむギリシャ正教様式の東方教会修道院、聖カトリーナ修道院地域は、シナイ湾とアカバ湾にはさまれ、スエズ運河に面したシナイ半島の南端に位置し、ユネスコ世界遺産として指定されている歴史的に意味のある重要な建造物であります。

また、その修道院が位置する地域は、イスラエルと国境をともにしていて、サウジアラビアともアカバ湾をはさんで隣りあわせにというロケーションにあり、エジプトでありながら、何とも中近東的な雰囲気をかもしだす何とも魅力的な土地であります。

現代から、一気にタイムスリップをしたかの錯覚におそわれるその地区で、エジプトの神聖でスピリチュアルな体験をしてみてはいかがでしょうか?
砂漠というと、暑いという感覚をお持ちの方にとって、実際にシナイ山登山をしてみると、その乾いた空気と寒さを肌で感じることができるでしょう。
そしてシナイ山から拝む日の出は、その歴史背景とともに何ともいえない深い感動にあなたを引き込んでくれること間違いなしです。

シナイ山登山をしたあとは早速、聖カトリーナ修道院地域へ訪れてみましょう。
何もない土地に、突如として現れる修道院には息をのむものです。
遠くから見てみると高い塀に囲まれていて、箱庭のような感じに見えることでしょう。
そのため近くに行ってみるまで、その姿を拝む事はできません。
それはまるで、神に守られている場所という感じがしていかにも、モーゼが神から十戒を授けられた場所という雰囲気を感じられるでしょう。
歴史的にも、意義が深い場所なだけではなく、さまざまなイコンなどの芸術作品も目の当たりにすることができます。

そしてあちらこちらに、旧約聖書によりエジプト人たちにより迫害にあったユダヤ人を、モーゼが救ったとする、その話を彷彿とさせてくれるような神聖なものを感じさせてくれることでしょう。
キリスト教やユダヤ教、旧約聖書などといった宗教に興味のある方たちには、たまらない場所であることは間違いありません。

一生に一度は、いつかは訪れてみたいところ、それがエジプトの聖カトリーナ修道院地域であるといえるでしょう。
時間がゆったり流れて、現代の喧騒を忘れたいかたにはもってこいの聖なる地です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国