アルジェリア世界遺産

ティムガッド

古代ローマの遺跡「ティムガッド」は、アルジェリアの首都アルジェから南東に480km、第3の都市コンスタンティーヌからは110kmです。長く砂に埋もれていたため、「アフリカのポンペイ」と呼ばれるほど、現在まで美しい姿をしています。1982年には、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

●トラヤヌス帝とティムガッド
「ティムガッド(古代名はタムガス)」は、西暦100年頃にローマのトラヤヌス帝によって建設された植民都市です。トラヤヌス帝は、ローマの五賢帝の一人として名高く、領土を拡大し、またローマ市内をはじめ、属州に至るまで多くの建築を残しました。トラヤヌス市場や浴場・トラヤヌス橋などがそうです。
ティムガッドも、東西南北に幹線道路が走り、劇場や公衆浴場などの公共施設も充実した、計画都市でした。しかし、この素晴らしい都市生活を楽しむためにはローマの市民権が必要とされました。そのため、市民権を持たないローマ支配下の他民族は、軍隊に入って兵役期間を満了することで、世襲の市民権を得ようとしたのです。その結果は、もちろん軍事力の強化につながります。つまり、このようなローマに劣らないほどの素晴らしい植民都市を築くことは、ローマ帝国にとっては軍事政策の一つだったのです。

●世界遺産「ティムガッド」の見どころ
「ティムガッド」は、8世紀の大地震によって長い間砂に隠されていました。そのため、古代ローマの都市計画に基づき区画設計された都市の姿を現代に最良の状態で見せる、貴重な遺跡です。
都市は正確に測量をされており、東西南北の幹線道路の交差点を都市の中心として、碁盤の目のような街路が張り巡らされています。主要な街路は青の玄武岩、その他は白の石灰岩が敷き詰められていました。また幹線道路の両側には列柱が続き、その両端には城門があります。中でも、東西に伸びる幹線道路の西端にある、高さ12mの「トラヤヌスの凱旋門」は、北アフリカの街ランバエシスに通じる道路の起点となったおり、ティムガッドのシンボルです。
市街地には、劇場や公衆浴場、図書館、神殿の他、広場や市場なども整備されており、市民達は、快適な都市生活を謳歌していたことが偲ばれます。
また、博物館には素晴らしいモザイク画が多数展示されており、中には巨大なものまであり、お勧めです。

●コンスタンティーヌの地理と観光
「ティムガッド」に最も近い街は、アルジェリアのバトナです。しかし、滞在拠点にするなら、第3の都市であるコンスタンティーヌがお勧めです。車で2時間程度の距離にあります。
コンスタンティーヌの特徴は、峡谷の街ということです。山の上の街は渓谷で分断されており、街はその上にかかる橋でつながっています。特に、歴史的建造物が残る旧市街を結ぶ絶壁の橋の景観は、一見の価値があるでしょう。さらに、郊外には「ヒッポレキウス遺跡」もあります。

※アルジェリアは治安が不安定な国です。旅行を企画される際には、外務省の海岸安全ホームページで渡航情報(危険情報)をご確認ください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国