スリランカ世界遺産

スリランカの中央高地

切り立った崖、直角に近い断崖絶壁の上から見下ろすとはるかかなたに広がる地上。人は世界の終点で何を見るのでしょうか。そこにあるのは、希望それとも絶望?「ワールドエンド」と呼ばれる場所があるのは、スリランカにあるホートンプレーンズ国立公園に指定されている自然保護区です。

スリランカの中央高地はこのホートンプレーンズ国立公園、ナックルズ山地、ピーク野生生物保護区からなっています。2010年に登録されたスリランカでの最新で8番目の世界遺産です。

推薦当時は複合遺産としての登録を目指していましたが、世界遺産としては文化遺産としての価値は認められず自然遺産となりました。標高およそ2500メートルの熱帯雨林群は、多種多様な生物に富み、絶滅危惧種が多く生息していることでも知られています。

今回の登録はその部分が高く評価されてのことだといえるでしょう。スリランカにおける種子植物と脊椎動物の約半数がこの一帯にあるといわれています。カオムラサキラングールやアカホソロリスなどの非常に珍しい動物が見られることも特徴です。

カオムラサキラングールはこの一帯だけに生息する絶滅危惧種のサルで顔の周りのふさふさの毛が特徴の愛嬌のある顔立ちをしています。林が減ったことと、人間による狩猟のせいで急速に数が減ってしまっています。森林伐採はいまだに進行しているので、数十年先には絶滅してしまうのではないかと危惧されている動物です。

他にスリランカヒョウなどがみられる場合もあります。スリランカの中央高地にあるピーク野生生物保護区はスリランカでも三本の指に入る広大な保護区で今からおよそ70年前に保護区の指定を受けました。トウモロコシの形をしており、通称「神聖な足」という意味の現地の言葉で呼ばれています。聖峰アダムスという標高およそ2000メートルの山がその中心となっています。

このアダムス峰(アダムスピーク)はスリランカ最大の聖地で、仏教徒、キリスト教徒、ヒンズー教徒、イスラム教徒などの共有の聖地です。毎年たくさんの巡礼者や旅行者がこの山を登ります。そのためふもとの村は栄えていて、登山道もよく整備され、両側にはたくさんの土産物屋が並んでいます。深夜に上り、頂上で朝日を拝むのが人気のコースです。

スリランカの代表的な芸術、美女の壁画もこの山の仏教遺跡群の中にあります。ナックルズ山地はこれらの山林地帯よりも北東に位置する低山地帯で、これらの地域とは異なる植物や動物などが生息しています。人生の地図に迷いこんだ時、その聖なる山々の息吹を感じながら世界の終点で見えるものを探しにスリランカを訪れてみませんか。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国