チュニジア世界遺産

スース旧市街

チュニジア共和国の中部、首都・チュニスからは南に約140km離れたスースの都市に、世界遺産『スース旧市街』があります。 スースは、チュニジア国内でも3番目に大きい大都市のひとつで、地中海に面した美しいビーチリゾート地として有名です。その為、≪サヘル(西アフリカ)の真珠≫とも呼ばれています。

この街には、紀元前9世紀頃にフェニキア人によって街が造られました。『スースの旧市街』は、古代ローマ帝国と同盟を組んでいたことにより、カルタゴが崩壊したポエニ戦争でも破壊を免れました。なので、当時のイスラム勢力が北アフリカへ進出してきた頃の街並みをほとんど完璧なまま残しているとても貴重な文化遺産となっています。

しかし、その後7世紀頃に、チュニジアはアラブ人のイスラム教徒により征服されることとなります。彼らはスースを重要拠点の一つと考え、この街を主要基地として防衛都市に造り変えていきました。スースという名も≪スーサ≫と一時改められます。防衛都市となった後は、街全体を堅牢な城壁で囲み、入口にあるモスクも城壁で囲まれとても印象深いです。

『スースの旧市街』の防塞機能として、他にも特徴のある建物があります。そのひとつが≪リバトの塔≫です。このリバトは要塞と礼拝のふたつの機能を持ち合わせている建造物で、『スースの旧市街』の中でも一番古い建物です。

このリバトには二階もあり、イスラム教徒たちの住まいだったところです。今でも弓矢や銃を構えるために小さな窓が備えられており、彼らの警戒心や緊張感が今でも伝わってくるようです。その上、塔は地上38mもの高さを誇っており、このリバトの塔からスースの街全体も港も見渡すことが出来、敵襲に備えていました。

もうひとつ、『スースの旧市街』が完全に残される為の重要な建物があります。それは≪カスバ≫と呼ばれる、今では灯台となっているものです。旧市街でも高地に建てられており、昼はのろしを焚いたり、夜は松明を灯したりするなどして北アフリカ一帯と連絡を取り合っていました。そのお陰もあり、スースは難攻不落の街となっていったのです。自分たちを堅く守っていたことが街全体からとてもよく伝わってきます。

世界遺産『スースの旧市街』は、ふたつの顔を持ち、魅力あふれる都市のひとつです。新都市は、冒頭でも書きましたがリゾート地として特に欧米の人々がよく訪れる街です。片や旧市街は、古代イスラム文化を残すエキゾチックな街並みが広がっています。このふたつが同じ場所に存在することで、今も多くの観光客が訪れる場所となっているのです。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国