ハンガリー世界遺産

ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通りを含むブダペスト

世界遺産「ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通り」は、ハンガリーの首都・ブダペストの一部地域のことを指します。

「ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通り」は二つの地域で構成されています。始めに1987年、「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区」が街並みを評価され世界遺産に登録されました。その後、2002年に「アンドラーシ通りとその地下鉄」が拡大登録され、現在の「ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通りを含むブダペスト」という長い名称になったのです。

ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通りを含むブダペストとは、ブダペスト市内を流れるドナウ河岸のうち「マルギット橋」から「エルジェーベド橋」の範囲であり、西岸を『ブダ地区』東岸を『ペスト地区』といいます。

『ブダ地区』は≪王宮の丘≫と呼ばれる地域で「ブダ城地区」と呼ばれ、今でも城跡が残されています。
『ペスト地区』には、アンドラーシ通りがあり商業施設が多くあります。
この世界遺産に認定されている地域だけでも多くの観光名所が残されているので、有名なスポットをご紹介致します。

①≪ブダ城地区≫
現在残っている王宮は、17世紀に再建されたものをベースに再建されたものです。この地区はハンガリー王国の長い歴史の中で幾度も改築されてきた所謂歴史を伝えている場所といえます。

初期に建てられたのは1242年のこと。王国の防衛のし易さからブダの丘の上に簡素な砦を築いたのです。14世紀に入ると、より強固にする為に城壁を備えたゴシック様式の王宮に改築されました。15世紀後半には、マーチャーシュ1世の命でルネサンス様式に改築。しかし1578年に爆発事故の為、消失してしまったのです。この時の王宮の部屋数はなんと203室あったといわれ、王国の権威を知る事が出来ます。

そして17世紀に大改築され1770年に完成。しかし、これも1848年革命の際に破壊されてしまいました。19世紀後半に、この建物をベースにネオ・バロック様式の建物に改築され、現在も残され続けているのです。

②≪セーチェーニ鎖橋≫
ブダペスト市内のドナウ河に架かる9つの橋の中で最も美しく、古い橋。全長375m。この橋により当時分かれていた『ブダ地区』と『ペスト地区』が結ばれたのです。夜になると、橋に並ぶ電球が美しい鎖状に輝き、よく絵葉書などにも使われる程絵になる風景になるのです。

③≪アンドラーシ通り≫
1872年~1885年にかけて造られた長さ約2kmの直線道路。街路はパリのシャンゼリゼ通りを模しており、プラタナスの並木道を楽しむことが出来ます。この通りには、音楽歴史上とても重要な≪国立オペラ座≫もあります。有名な作曲家リスト・フェレンツェやコダーイ・ゾルターニが住んでいた場所です。ここで数多くの名曲が生まれたのです。

この通りの真下を走っているのが≪ブダペスト地下鉄≫です。ハンガリー建国1000年を記念して造られた、ヨーロッパ大陸初の電化された地下鉄なのです。

世界遺産「ドナウ河岸・ブダ城地区とアンドラーシ通りを含むブダペスト」には、上記以外にも有名な聖堂や美術館、広場やコンサートホール、温泉などもあり見どころ満載な場所です。
欧州の歴史・文化を色濃く現代に留め、「東欧のパリ」とまで呼ばれる程美しい街並みは、是非一度訪れたい場所です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国