ルーマニア世界遺産

ドナウ・デルタ

ルーマニアにはたくさんの文化的スポットや世界遺産がありますが、中でも最も印象的な世界遺産は「ドナウ・デルタ」かもしれません。
ドナウ・デルタは1991年にユネスコの世界遺産に指定された3446平方キロメートルもの三角州(デルタ)です。

「ドナウって何かで聞いたことがあるような…」という方も多いかと思われますが、この世界遺産はかの「ドナウ川」を世界遺産として包括しています。

ドナウ川の支流はこのドナウ・デルタの付近に延々と流れこんでいるのですが、その支流によって運ばれてきた土や砂は、実はこの世界遺産の周辺に年々積もっているような状態です。

しかもその砂や土や一年に40メートルほどの厚さで堆積を重ねて行き、この世界遺産の範囲を拡大させています。

そのような異様な世界遺産なので、人の手はほとんど加えられていません。

ヨーロッパでも最大規模のデルタあるにも拘わらず、観光する手段も非常に少なく、観光するには小船を使って行かなければならないような世界遺産です。

船をこいでくれるのも民間の漁師の方なので、地域交流を楽しみながら観光できるのですが、あまり人と話さずに観光したいという方には観光が困難な場所かもしれないので、ドナウ・デルタに興味のある方は、どうにか地域の人と仲良くなりつつ観光してみましょう。

また、この世界遺産を観光するのであれば、いっしょにトランシルバニア付近も観光されることをおすすめします。

トランシルバニアには、オスマントルコからの侵略を防ぐ為に強靱な城壁で村を囲んでいるようなスポットもあるので、トランシルバニア周辺を歩けば、ドナウ川周辺の当時の文化により深く触れることができるのです。

やはりどのツアーに参加しても世界遺産を中心とした観光になるのですが、トランシルバニアなどの町並みや三角州の周辺は、ルーマニアの内部でもきわめて人気の高いスポットだとされています。

歩いているだけで楽しい気分になるので、ルーマニアの世界遺産を観光するのであれば上記の2カ所は非常におすすめです。

また、この海の周辺には3000種類以上もの魚類が棲息しています。

魚釣りをしたり、水辺で遊んだりとのんびり過ごせるようになっているので、「ルーマニアの田舎でのんびり過ごしたい」という方には、ドナウ川周辺のスポットが向いているかもしれません。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国