フィンランド世界遺産

ペタヤヴェシの古い教会(2)

世界遺産に登録された理由は歴史の上で重要な時代の建築様式を残すものという所からのようです。 ヨーロッパの建築と北欧の木造建築が合わさった教会が珍しいと評価されたのでしょう。

ペタヤヴェシの古い教会の周りの景観もとてもすばらしく、湖の側に建てられていることから日の出、日の入りをしたときに湖面にうつし出される太陽は神秘的でなんとも表現のしようがない程素晴らしいです。
そして周りが緑に囲まれていることから、おとぎの世界に入りこんだかのような感動を味わうことができるのもペタヤヴェシの古い教会の魅力です。

木造で作られた教会が太陽のオレンジ色に輝き、まるで写真を見ているかの様な絶景は一度ならず何度でも見て欲しいと思う景色です。
林と湖のなかに立っている教会はまるで絵葉書のような、時が止まったような美しさを感じられます。

このペタヤヴェシの古い教会に入ると古い彫像をみることができます。
そしてたくさんの天使たちが彫りこまれた像や説教壇には木造で出来た素朴ながらの美しさが垣間見れます。
中の祭壇を飾っている聖人像も地元の職人の手作りだそうです。
木で作られた天使像は見ているだけで本当にこころが温かくなります。

ですが他の教会にあってこの教会にないものがあって、それはオルガンが設置されていないという事です。
オルガンは置かれていませんが、歴史を見て感じることができる絵画などはとても心が癒されて、やさしい気持ちになるでしょう。
そして世界遺産に登録された理由に独学で造られた教会の建造が唯一の物とされたのかもしれません。

建築構造的にも価値がある建物ですけど、地元の住人の絆や深い信仰などといった面も感じられます。
今までにも修復が行われたそうですが、それもフィンランド中央教会の基金などで行われたそうです。
人々が協力しあって造られた教会が今も人々を感動させてくれ、フィンランドの象徴的教会となっていることも素晴らしいと思います。
そしてそれが何百年も経った現在でも姿をかえることなく、美しいまま残っているのが素晴らしく感動的だと思います。

ペタヤヴェシの古い教会は外観やその周りの景色もステキなので行って見る価値のある建物です。
どこか可愛らしさもあって癒されるような体験ができることでしょう。
自然の豊かさを見れるのはもちろん、人の温もりも感じられる世界遺産というのはまさにペタヤヴェシの古い教会のことではないでしょうか。
ペタヤヴェシの町はユヴァスキュラからバスで約30分のところにあります。
フィンランド旅行の1つに加えてみてください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国