ノルウェー世界遺産

ブリッゲン

ノルウェーのソグネフィヨルドの近くに世界遺産のノルウェーブリッゲン地区があります。 ブリッゲン地区の建物は伝統的な工法で修復されていて、現在でも商店や博物館などで利用されています。

その昔重要なトレードセンターとして開発されたこの町は、15世紀までさかのぼって、町並みを楽しむことができます。
ソグネフィヨルド見学のあとは、お土産などを買うためなどでベルゲンの町を散策するのもよいかもしれません。
それほど大きくない町なので、徒歩でも十分見て回れます。

ひとつ気をつけることがあります。
ベルゲンは雨が多いそうです。
ベンゲルでの最初のお土産は折り畳み傘になってしまうこともあるかもしれません。

港町で色とりどりのかわいいお店が並んでいるところを歩いていると、ノルウェーブリッゲン地区に入っていきます。
気軽に徒歩で世界遺産を見学できるのは疲れた体にはうれしいです。
特にノルウェーは先にフィヨルドに行ったりすると体力を使うので、ホテルに寝に帰るだけになってしまうので、ベルゲンを拠点にするならブリッゲン地区はのんびりお土産を探しながら散策するのに適しています。
ベルゲンからフィヨルドツアーもたくさん出ているので、長く滞在しても飽きることもないでしょう。

ブリッゲン地区では仰々しい看板もありませんが、木造の家が並んでいてあきらかに歪んでいる家や、すごく細い路地などがあったり、上を見上げると重量が書いてあったりしてぞっとしたりもします。

木造なので、火事などで焼失したり重量に耐えられず新しい木で支えにしている箇所もあったりしています。
世界遺産といっても、家だけを保存しているのではなく、お土産屋さんや食べ物屋などを開いているので、いつのまにか世界遺産のなかに踏み込んでいるという感じです。
ノルウェーというとオスロの町が有名ですが、ベルゲンに滞在したらとても気に入ってもっと泊まりたくなります。

港には市場があるので、キャビアが買えたりお昼の食事も済ませられるので便利です。
お土産にシャツを購入してみたらどうでしょうか。日本で買うものと違って二重になっているので、ちょっとした上着替わりになれるぐらい温かいので、ノルウェーでお土産に迷ったら洋服もおすすめです。
ノルウェーで購入した洋服を着て、またベルゲンの町に泊まりブリッゲン地区を散策するというプランを是非お試しください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国