ノルウェー世界遺産

ヴェーガ群島(1)

ノルウェーはフィヨルドを始め壮大な多くの自然美が未だ手つかずで残されているために、自然や文化的建築物など数多くが世界遺産に登録されている国として有名です。 そのためノルウェーは年間を通して世界各地からこの世界遺産を見ようと観光客が訪れる大人気の国です。

ノルウェー国内で登録されている世界遺産はウルネスの木造教会、ブリッゲン、レーロースの鉱山街とその周辺、アルタの岩絵、ヴェーガ群島、シュトルーヴェの測地弧、西ノルウェーフィヨルド群となり7つもの世界遺産がノルウェーにはあり訪れている人を魅了しているのです。

日本からはスカンジナビア航空を利用すると直行で成田からノルウェーのエベネスまで飛行することができ、10時間30分程度でノルウェーの世界遺産観光に行くことが出来るので大変便利です。

世界遺産のヴェーガ群島へはノルウェーのエベネスから北上し同じくノルウェーのブレンネイスンという都市に向かいます。
ブレンネイスンからヴェーガ群島へは高速フェリーが就航しているのでこのフェリーに乗ってヴェーガ群島へアクセスが出来ます。
あるいはブレンネイスンから車で15分程度の所にホーンと言う街がありそこからカーフェリーがでているのでホーンからもヴェーガ群島へアクセスすることも出来ます。

世界遺産のヴェーガ群島での宿泊は海に突き出たヴェーガOpplevelsesferieという漁師の家をモチーフにしたコテージやトーンホテルTorghattenというホテルに宿泊することが出来ます。

ヴェーガ群島にも是非滞在してみて下さい。

2004年に世界遺産に登録されたノルウェーのヴェーガ群島はノルウェーのヌールラン県にある都市です。
ノルウェーが誇る世界遺産のヴェーガ群島は6500もの島々からなっていてヴェーガ群島における人類の生活の痕跡は1万年前も前からあり、
ヴェーガ群島ではかなり昔から人々の営みが形成されていたことを示します。
ノルウェー北部地域では最古の人類の痕跡の1つが世界遺産のヴェーガ群島にあります。

ヴェーガ群島の主要な産業は漁業と農業でありこれはこのヴェーガ群島に人々が定着した1万年前からきっと変わっていません。
6500もの島があるヴェーガ群島の中でもとくにGladstadには市議会があり、ヴェーガ群島の商業的中心地になっています。
世界遺産のヴェーガ群島は天然の港や農業に適した低地が広がっているために島でありながら農業と漁業の双方が共に発展していったのです。

ヴェーガ群島に見られる海洋性の気候と石灰岩の岩盤によってヴェーガ群島には10種のランや210種にもおよぶ鳥類の生育・成育場となっております。
2004年にノルウェーのヴェーガ群島が世界遺産に登録された理由として北極圏の直ぐ南に位置する厳しい環境の中で、ケワタガモの羽を取ることを中心産業としてきたヴェーガ群島の農業や漁業に関わる文化的景観が、1500年以上にわたり途絶えることなく一貫して継続してきたことに対して評価され、そのままヴェーガ群島の名称で世界遺産に登録されました。

ヴェーガ群島(2)では島での観光、レジャーをご紹介します。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国