クロアチア世界遺産

スタリー・グラード平原

クロアチアのスタリー・グラード平原はアドリア海沿岸のダルマチア地方フヴァール島にあり中世より海洋交易の要所として栄えていました。 神秘的なエメラルドグリーンの湖の森のアドリア海、切り立った断崖、湖や趣きのある街並みなど魅力あふれる景色が広がるクロアチアのスタリー・グラード平原では文化的景観が楽しめます。

スタリー・グラード平原周辺の集落はクロアチアのフヴァル島で最も古い集落で2008年に世界遺産に登録されました。

世界遺産となったスタリー・グラード平原は紀元前4世紀にギリシア人によって植民地化されて以来2500年間にもわたり実質的にそのまま残されているとても由緒ある文化的景観が保たれたクロアチアが誇る世界遺産の街です。

スタリー・グラード平原はアドリア海の島にしては珍しい比較的平らな土地が広がり、ギリシア人たちは独特の地籍割りでこの肥沃な土地を石垣により区画してブドウやオリーブの栽培を始めました。

それ以来スタリー・グラード平原は当時の区画をそのまま残しながら栽培が続けられギリシア人の植民地の典型的な景観を良好に保っており、それが文化的景観として高く評価されスタリー・グラード平原は世界遺産として認定されたのです。

クロアチアはスタリー・グラード平原やその周辺を自然保護区として建物や景観を保存しているので世界遺産としての品格が保たれております。
クロアチアが誇る世界遺産のスタリー・グラード平原は一見広大な平地ですが古代ギリシャの開拓の技術が残った畑を眺めることが出来ます。

スタリー・グラード平原は碁盤の目のように道路が築かれその区画された場所には石積みで範囲を示してあるのです。
紀元前4世紀にすでに測量という技術が発達し寸分の狂いもなくスタリー・グラード平原を整地をしていったのです。

街には古い街並みがそのまま残され目の前には細長い湾があり湾を囲むように小さな街があります。
スタリー・グラード平原やその周辺はザグレブやスプリットなどクロアチアの大都市とは景観が全く違うのでここもクロアチアかと目を疑うでしょう。

クロアチアが誇る世界遺産の街並も当時のまま残されているのです。
スタリー・グラード平原周辺の街のほとんどは3階建ぐらいの家が細い路地に所狭しと並んでいます。
レンガ造りの街並みが今でも残っているのが素晴らしくこじんまりとした街ですので30分もあれば一周できます。
レンガ色の街並みがアドリア海のエメラルドグリーンと混ざってさすがに世界遺産に登録されただけあってとても綺麗です。

スタリー・グラード平原へと足を運ぶと最初は曲がりくねった道が多いのですが、途中からスタリー・グラード平原は真っ直ぐの平坦な道になっていきます。
他の道も直角に交差していてまさに碁盤の目のようです。
そして何より一番驚かされるのはほとんどの場所に石垣が築かれていてそれがスタリー・グラード平原内にある畑を区切っていて区画整理がされていることです。

碁盤の目に区切られている道には交差点はほとんどなく一つの交差点から次の交差点へ行くにも20分ぐらい歩かないと到着しません。
スタリー・グラード平原の構造をよく見るためにスタリー・グラードの街近くに戻って近くの山に登るとスタリー・グラード平原とその素晴らしい碁盤の目状の街並みが一望できます。
世界遺産に登録された理由にきっと納得されるほどの素晴らしい景観を眺めることが出来るでしょう。

スタリー・グラード平原へはザグレブに次ぐクロアチア第2の都市でスプリットから船で日帰り旅行も出来ます。
ですのでクロアチアへ足を運ばれた際には気軽に世界遺産のあるスタリー・グラード平原へ足を運ぶことが出来ます。
紀元前からの面影をそのまま残した文化的景観を眺めに是非クロアチアの世界遺産スタリー・グラード平原に行かれてみてはいかがでしょうか。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国