オランダ世界遺産

アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域

オランダの首都アムステルダムは、運河の街です。地図を見ると、幹線となる運河とそれを補足し、渡した道路によって、蜘蛛の巣のように整然としていることがわかります。この“北のヴェネツィア”と言われるアムステルダムの環状運河はオランダの黄金時代である17世紀に作られました。 この運河たちと、運河沿いの街並みは、2010年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

●アムステルダム史
アルプス北側のヨーロッパの国々は、長い歴史の中でさまざまな施政者が登場し、国が興っては消えました。オランダも土地の歴史はローマ時代までさかのぼりますが、フランク王国や神聖ローマ帝国、ハプスブルク領などを経て、16世紀にはいって、スペインのハプスブルクから独立し、ネーデルラント共和国となります。現在のネーデルラント王国(オランダ王国)が成立するのは19世紀です。

首都アムステルダムは、港町として早くから発展していました。その黄金期は、大航海時代の17世紀です。日本史でも登場する「オランダ東インド会社(VOC)」も、この港町を舞台に活躍しています。この時代のアムステルダムは、ヨーロッパでも特に重要な交易拠点だったのです。

この黄金時代に、アムステルダムは運河網が整えられました。それが、現在では世界遺産となっている「シンゲル運河の内側にある環状運河地域」なのです。

アムステルダムのその後は下降傾向をたどり、第二次世界大戦ではナチス・ドイツに占領されるなど、厳しい時代もありました。しかし現在では復興を遂げ、国際的にも有数の金融都市として、また歴史的景観を誇る観光都市となっています。

●世界遺産「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」の見どころ
アムステルダムの街は、港と中央駅を中心として円心状に次々と運河が造られ、外へと広がっています。

まず、一番内側にある「シンゲル運河」は16世紀に作られ、中世の旧市街を囲んでいます。その外側には17世紀に作られた3運河「ヘーレン運河」「カイザース運河」「プリンセン運河」があり、その外側に、世界遺産の名称になっている、もう一つの「シンゲル運河」があります。この運河の内側の歴史的景観を含めたエリア全体が世界遺産です。

アムステルダムは、運河を中心として都市計画がなされていますから、運河から臨む街の景観が、美しいのは当然のことでしょう。中でも、ライチェ通りからファイゼル通りのエリアが特に美しい街並みとして人気があります。

また、アムステル川にかかる「マヘレの跳ね橋」は、市内唯一の木造の跳ね橋であり、夜にはライトアップされる有名なスポットです。

●アムステルダム運河クルーズ
アムステルダムを観光するなら、運河クルーズから始めるのがお勧めです。いろいろなコースが用意されており、夏は夜のクルーズもあって、1時間程でアムステルダムを一望できます。

アムステルダムの美しい街並みは、世界遺産となった運河がつくられた17世紀に形成されました。黄金時代のアムステルダムで活躍した商人達は、競って美しい建物をつくり、現在までその姿を残しています。

歴史的な街並みの散策の中で、特に訪れたいのは、「王宮」や戴冠式が行われる「新教会」、そして最古の「旧教会」。

アムステルダム中央駅は、東京駅のモデルとなった建物ですし、ナチス時代の悲しいストーリーが有名な「アンネ=フランクの家」や、歴史ある「シンゲルの花市場」も人気です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国