オランダ世界遺産

ワッデン海

「ワッデン海」はオランダにある世界遺産の一つです。
北西ヨーロッパ大陸と北海のはざまに存在するこの世界遺産は、ドイツ、オランダ、そしてデンマークの三国に取り囲まれた地点に位置しています。
2009年にユネスコの世界遺産に指定されて以来、数多くの観光客を迎えている自然遺産がこのワッデン海なのです。

しかしこの世界遺産は、オランダだけの世界遺産という訳ではありません。

オランダだけが保有している世界遺産と思われがちなのですが、隣国であるドイツと現在進行形で共有している世界遺産としなっています。

「デンマークもこの海を囲っている国の一つなのに、デンマークは保有してないの?」と疑問を抱かれるかもしれませんが、デンマークも世界遺産として登録する為に協議をしている最中なので、近い将来「三つの国が共有している世界遺産」という形になるかもしれません。

また、どこまでも広がるこの湿地帯は干潟や浅瀬など、様々な形状をもって展開しており、その湿地のほとんどはラムサール条約登録湿地として指定されています。

ワッデン海はアザラシやイルカなどのほ乳類はもちろん、2000種類以上もの多様な昆虫類・魚類を確認できるスポットなので、生き物を愛する人々から絶大な人気を誇る世界遺産として存在しているのです。

しかしこの世界遺産は、近年においてやや危うい状況を迎えてしまった世界遺産の一つでもあります。

海洋環境に詳しい方でなくとも、毎日ニュースを見ている方はご存じかと思われますが、近年の地球は自然環境が著しく損なわれている現状にあり、絶滅危惧種も続々と増えてきている時代です。

それはこの世界遺産にも言えることであり、ワッデン海もまた乱獲や環境汚染などの影響を絶え間なく受け続けています。

最近では周辺の国々が協力して保護活動に挑んでいますが、動物たちの生活環境がどんどん破壊されてしまっているので、これらの問題は近年では解決の難しい問題へと変わりつつあるのです。

激しい潮流によって形成された美しく豊かな湿原地として知られていますが、裏側では非常に危険な環境汚染が進行している世界遺産なので、この世界遺産に興味を持っているのであれば、美しい自然環境が残っている内に観光しておきましょう。

ちなみにこの世界遺産はドイツの北部にある港町・フーズムにほど近い位置にあるので、周辺で食事をしたりショッピングを楽しんだりしつつ観光したい方は、フーズムへ行ってみてください。

もちろん、この街を訪れれば、オランダの名物品などをゲットすることもできます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国