韓国世界遺産

慶州歴史地区

慶州は、韓国が誇る千年の都です。朝鮮半島を統一し、千年の繁栄を誇った新羅王朝の首都でした。BC1世紀からAC10世紀、56人の王が支配した古都です。2000年には、「慶州歴史地区」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ちなみに、世界遺産「石窟庵と仏国寺(前記事参照)」も慶州にありますが、市街から外れているため、別に登録されています。

●新羅の歴史と文化
新羅(しんら/和名でしらぎ)は、朝鮮半島最初の統一王朝です。AC57年頃を起源とし、新羅と号したのがAC4世紀、668年には、高句麗(こうくり)や百済(くだら)王朝を亡ぼし、朝鮮全土を統一しました。

ちなみに、新羅が統一戦争をし、次々と国を統合して言った頃、飛鳥時代であった日本には、逃げてきた多くの朝鮮人が渡来してきたと考えられています。

首都は金城(クムソン)は、その後の高麗王朝によって「慶州(キョンジュ)」と改称されました。朝鮮半島南東部、日本海に面した古都です。現在の慶州は、重要な遺構が集まっており、しかも現代的な建造物が遺構周辺にはないため、古のたたずまいを今に残しており、世界的な観光地となっています。

新羅は 935年に高麗によって亡ぼされ、都は現在の北朝鮮の南部になる「開城」に移されました。

●世界遺産「慶州歴史地区」の見どころ
「慶州歴史地区」は、5つのエリアに分類され、ユネスコに登録されている文化財が52ヶ所あります。

まず、数多くの仏教遺跡が残る〈南山(ナムサン)地区〉。韓国人は、「慶州は南山で始まり南山で終わる」という言葉があり、この山は古くから神聖な場所だったようです。山中のあちこちの岩肌には磨崖仏があり、陵墓や仏塔などもあります。近年、韓流ドラマでも有名になった善徳女王の墓もこの地にあります。

次に〈黄龍寺(ファンリョンサ)地区〉。その名の通り、黄龍寺遺跡のあるところです。この古寺は、現在は広大な敷地に礎石を残すのみですが、規模は2万5000坪という、新羅を代表する寺院でした。寺は高麗王朝時代の13世紀に、蒙古(モンゴル)の侵入により焼失されましたが、多くの遺物が出土されている、重要な遺構です。

〈月城(ウォルソン)地区〉は、新羅の王宮であった半月城跡や、韓国最古で国宝に指定されている天文台「慶州瞻星台」があります。〈大陵苑(デルンウォン)地区〉は、古墳が密集しており、〈山城(サンソン)地区〉は、都を守る明活山城があります。

慶州歴史地区は「屋根のない博物館」とよばれ、1000年の歴史の宝庫です。5つのエリアは全て市の中心部にありますので、レンタカーやレンタサイクルなどでゆっくりと巡るのがお勧めです。また、この地の壮大な歴史に触れる前に、まずは慶州国立博物館で歴史を辿ってみるのも良いでしょう。

●慶州の地理と周辺観光
慶州は、韓国慶尚北道南東部の都市です。アクセスは、首都ソウルより、釜山または金海国際空港の方が近く、バスで約1時間ぐらいですのでお勧めです。釜山からの日帰りツアーなどもありますが、見どころ満載ですので、歴史好きなら、滞在してゆっくり観光される方が良いでしょう。

滞在には、慶州市内から東に6.5kmにある普門観光団地が人気です。明活山城跡に作られた人工湖「普門湖」を中心として美しい自然を背景に、現代的な豪華ホテルやゴルフ場など各種のレジャー施設がある国際観光リゾートです。湖畔は桜の名所で散歩にも最適ですし、新羅の街並みを再現したテーマ-パーク「新羅ミレニアムパーク」も楽しい散策ができます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国