韓国世界遺産

済州の火山島と溶岩洞窟群

韓国にある様々な世界遺産についてご紹介しましたが、これらの名前を見ても、あまり魅力が感じられない方も多いかと思われます。
「このレベルなら、日本にもあるような気がする…」と思ってしまう方も多いかもしれません。

韓国には美味しいものや素晴らしい音楽文化はありますが、エルミタージュ美術館のような華やかなものはありませんし、国土もそこまで広くないので、広大なものといったものもあまり見つからない国です。

しかし探してみると、各国に引けを取らないようなものもいくつか存在するのでこの記事ではそんな世界遺産をピックアップしていきます。

まず、韓国には「済州の火山島と溶岩洞窟」という名称の世界遺産があります。

これは、2007年にユネスコの世界遺産に指定されたばかりであり、つい最近認められました。

この済州の火山島と溶岩洞窟という世界遺産は韓国国内では記念すべきものとして知られており、実は、韓国ではこれが国内初の快挙であったという経緯があります。

つまり、2007年以前には世界遺産を一つも保有していなかった韓国では済州の火山島と溶岩洞窟は非常に貴重なものであり、国内でもかなり大事に扱われているスポットなのです。

そんな済州の火山島と溶岩洞窟ですが、具体的にどういった世界遺産かというと、名前の通り火山地帯が広がっている自然遺産となっています。

この国には九つの文化遺産があり、ただ一つの自然遺産としてこの場所が認定されているのですが、韓国にあるとは思えないほど広大なものであり、思わず圧倒されるような美しいロケーションが広がっています。

韓国国内において最大の島であり、国民の愛するリゾート地でもある「済州島」にあるこの火山地帯は、美しい花が咲き乱れ、動植物が繁殖し、あらゆる生き物がのびのびと生活しているスポットなので、日本を離れてのんびりしたい方にはかなりおすすめの観光地です。

日本からさほど離れてない場所にあるので頑張れば日帰りで行くこともできますし、ロシアやブラジルのように離れ過ぎていないので、疲労感なく行き、疲労感なく帰って来ることが可能なスポットになっています。

「旅行は遠くに行くから楽しいもの」と考えている方からすると少々物足りないスポットかもしれませんが、日本から少し離れるだけでかなり開放的な気分を味わうことができるので、静かに過ごせる場所を探している人はぜひ済州島を訪れてみましょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国