オーストリア世界遺産

ザルツブルク市街の歴史地区

オーストリアに観光へ行く方は、ウィーン辺りを目指して旅行する方が多いのですが、オーストリアにはウィーン以外にもう一つ、チェックしておくべき街があります。 その街は「ザルツブルク」という街です。

この街は周辺一帯が世界遺産に登録されており、古くから続く美しい町並みと花に溢れた様相が訪れる多くの人を魅了しています。

この街はそういったロマンチズムの結晶のような街なので、住民もみんなどこか幸福そうにしているのです。

何と言ってもザルツブルク市街の歴史地区は、モーツァルトの生誕した場所として知られている地域。

音楽で発展してきた観光地であり、世界中でも類を見ないほど音楽を愛している街なので、この地域に行くと毎日、どこからか音楽が絶え間なく聞こえてきます。

紀元前の時代は「塩の街」として栄えたこの世界遺産は、まるで夢の世界であるかのように貧困とは真反対な印象を放ち続けている街なので、日本に蔓延する不況の雰囲気に疲れてしまった方などにも強くおすすめしたい世界遺産です。

また、ザルツブルク市街の歴史地区は中世のキリスト教の文化が色濃く残っている街であり、モーツァルトが先例式をおこなったバロック様式の大聖堂も見つけることができます。

歴代大司教の宮殿など、宗教美術の世界に染まりたい方は必見の街かもしれません。

楽しみ方は様々ですが、ザルツブルク市街の歴史地区はこの国の辿ってきた歴史の軌跡を凝縮したような街ですので、より良く観光する為には当然、それなりの知識を要します。

やはりこのオーストリアの世界遺産を観光するのであれば、ある程度は教科書を読み込んでおくのが良いかと思われますので、あまりオーストリアの文化を知らないという方はぜひ一度、オーストリア関連の雑誌や本、漫画を読み込んでみてください。

世界遺産としての印象よりも観光地としての印象が強い街なので、歩いていると「そういえばここ、世界遺産なんだっけ…」と忘れてしまいがちなのですが、一応はオーストリアを代表するスポットなので、貴重な場所を歩いているという意識を忘れないようにしましょう。

もし歩いていても街の全容がよく分からず、イメージしていた世界遺産と違う印象を抱いてしまった場合は、丘の上まで挙がってみるとまた違う街の姿が見えてくるので、観たかったロケーションが中々見つからない場合は、色々な場所から街を見下ろしてみてください。

ちなみに、この世界遺産の中には「サウンドオブミュージック」のロケ地もあるので、映画のファンの方はぜひ舞台地を探してみてください。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国