トルコ世界遺産

カッパドキア

カッパドキアは、南北50kmにも及ぶエリアをさします。中でも、ネヴシェル、ユルギュップ、ギョレメ、アヴァノス、カイマクルの街が人気の観光地です。特にギョレメは、野外博物館に岩窟教会や礼拝堂が集まっており、カッパドキアで最も有名なスポットでしょう。この有名な文化遺産と、この地の奇岩群のあるギョレメ国立公園を「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」として、1985年にユネスコの世界遺産(複合遺産=文化遺産と自然遺産)に登録されました。

■カッパドキアのキリスト教
古代ローマ帝国の悪名高い皇帝ネロは西暦64年、キリスト教徒の迫害をはじめました。その後も迫害は313年に公認されるまで、200年以上続きました。迫害を逃れたキリスト教徒は、3世紀の半ばには小アジア(アナトリア)に至り、山中のカッパドキアの奇岩の洞窟に教会や住居をつくって暮らし始めました。

7世紀後半になると、今度はイスラム勢力が台頭してきたため、カッパドキアに隠れるキリスト教徒はさらに増え、最盛期には6万人に達したと考えられています。

カッパドキアには地下都市が発達し、確認されたものだけで300ヶ所以上、そのうち最大規模のものになると1万5000人が居住する都市がありました。岩窟修道院や教会も数多く作られ、素晴らしい壁画が施されています。洞窟内のため光が射し込まず、現在まで保存状態が良く、美術的価値の高いものが多いのも特徴です。

20世紀に入り、ギリシアと戦争したトルコは、条約を調印し、ギリシア内のイスラム教徒と、トルコ内のキリスト教徒(東方正教会)の交換が行われました。それを機にカッパドキアにはキリスト教徒が姿を消したのです。

■世界遺産「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群」の見どころ
「カッパドキア」の見どころは、歴史や美術的には初期キリスト教の遺跡や地下都市、そしてピンクがかったベールの岩肌がいくつもそびえ立つ奇岩のミステリアスな風景でしょう。

前述の通り、カッパドキア全体は広いエリアですので、じっくり観光したいのなら、宿泊して何カ所も車で移動する必要がありますが、最も有名なのは、世界遺産となっているギョレメ国立公園内の「ギョレメ野外博物館」です。ここには約30の岩窟教会・礼拝堂・修道院が集まっています。

特にカランルク・キリセ(暗闇の聖堂)のフレスコ画は、最も保存状態も良く鮮やかで素晴らしいものです。また、トカル・キリセ(バックルの聖堂)はカッパドキア最大の規模を誇り、青を基調とした鮮やかなフレスコ画も印象的です。

■カッパドキアの街の地理と観光
「カッパドキア」は広く、街も見どころも点在しています。ツアーに参加するか、拠点となる地元の街に滞在するのがお勧めです。ここでは、ギョレメ以外も簡単にご紹介しましょう。

まずは、カッパドキアの入口の街「ネヴシェル」。イスタンブールから飛行機で来ることができますので、ここからギョレメに向かうと良いでしょう。街の観光もお勧めです。街の一番高い丘にはセルジューク朝時代の城やモスクなどの歴史的建造物があります。

次は「ユルギュップ」。カッパドキアの観光拠点としてはギョレメとともに人気があり、観光客で賑わう街です。「妖精の煙突」といわれる奇岩の中でも、ユルギュップのキノコ岩は特に有名です。また10月には国際ワイン協議会が開催され、世界最高のワインが選ばれます。

その他に、アヴァノスは手工芸が有名で、特にトルコの伝統的な陶器の産地、カイマクルはカッパドキアで最大規模の地下都市があります。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国