トルコ世界遺産

ハットゥシャ

トロイの古代遺跡がエーゲ海にあって、ヨーロッパの歴史の流れの中にあったのに対し、内陸部であるアナトリア高原では古代、ヒッタイト王国がありました。その遺跡が、トルコの首都アンカラから東のボアズカレ近郊にあります。王国の首都ハットゥシャの遺跡です。1906年に発見され、1986年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

●謎めくヒッタイト
ヒッタイト王国は、アナトリア高原に紀元前18世紀頃興り、紀元前1180年頃に亡んだと考えられています。最盛期であった紀元前14世紀頃には、版図を大きく広げてエジプトと国境を接した時期もありました。

古代史の中で、ヒッタイトの名が広く知られるのは、紀元前1274年の〈カデシュの戦い〉によるものでしょう。古代エジプトのラムセス2世(大王)と、シリアにおいて対決したヒッタイト王国は、史上初の成文化された平和条約を取り交わしています。

しかし、この王国は依然として謎が多く、どこから来て、どのように滅亡したのか、諸説があります。先の平和条約がエジプトで発見されていましたが、アナトリアでの確認がとれず、20世紀のハットゥシャの発見までは幻の民と言われたほどです。

1906年にドイツのヴィンクラーがエジプトにあった平和条約の対となる粘土板が発見し、その存在と王都が確認されました。現在では、ヒッタイト語の解読も進み、徐々にいろいろなことが分かってきています。

●世界遺産「ハットゥシャ」の見どころ
「ハットウシャ」は、首都アンカラから145kmのボアズカレ国立公園内にあります。標高1000mのアナトリア高原に城壁を巡らした都市でした。現在でも、王の門、ライオンの門、イェル・カプ(大地門;地下道)などが残っており、城壁の一部も復元されています。

ハットウシャは「神殿の街」とも呼ばれる宗教都市であり、70以上の神殿の中に、大神殿の遺構もあります。また、ハットウシャのアクロポリスには王宮や公文書館などもあり、1万枚近くの粘土板文書が発見されています。前述の平和条約もここで発見されました。

「ハットゥシャ」で最も高い位置にあるのが、〈王の門〉です。ここから都市の遺跡が一望できます。

●アンカラと古代ヒッタイト観光
「ハットウシャ」へは、首都アンカラからの日帰りバスツアーに参加するのが一般的でしょう。ハットウシャのあるボアズカレまでバスで3〜4時間かかります。

ですが、ハットウシャに向かう前に、アンカラ市内にある「アナトリア文明博物館」に寄るのをお勧めしましょう。ヒッタイト王国の収蔵品で有名な博物館です。ハットウシャの遺跡から移築して保存しているものもありますし、まずはここを見学して、歴史に触れると、遺跡見学が一層楽しくなると思います。

「ハットゥシャ」の見学が終わったら、そのそばにある「ヤズルカヤ遺跡」も合わせて見学するのもお勧めです。紀元前13世紀に、岩場を利用して作られたパンテオン(神殿)には、ヒッタイトの神々のレリーフが良い状態で残っています。

さらに足を伸ばすなら、ボアズカレの北にある「アラジャ・ホユック」もあります。紀元前4000年頃の青銅器時代からヒッタイト時代の遺構です。ハットウシャに比べると小さな遺跡ですが、スフィンクスの門や神殿跡、地下通路があり、レリーフも残されています。この遺跡から発掘されたヒッタイトの金や青銅の出土品は、前述の博物館に収蔵されています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国