チェコ世界遺産

プラハ歴史地区

チェコには「プラハ歴史地区」と呼ばれる世界遺産があります。 この世界遺産は1992年にユネスコの世界遺産に認定されており、チェコを代表する世界遺産として多くの観光客を迎え入れています。

登録対象になっている範囲がとにかく広いので、すべての場所を回るのは困難な場所ですが、チェコならではの美しい町並みが続いているので美しいものを見学したい方にはもっともおすすめできる世界遺産です。

11世紀から18世紀に建築された建造物がしっかりと保存されている地域なので、古い建造物を見ながらチェコのたどった歴史を追跡したい方にうってつけのスポットでもあります。

そしてプラハ歴史地区の最大の見所は何といっても、プラハの歴史を凝縮したスポットである「プラハ城」。

このプラハ城は外観が美しいだけではなく、内部にも美しい装飾が全面に施されています。

中でも城内の「聖ヴィート教会」にあるアルフォンシュ・ミュシャのステンドグラスは荘厳なまでに美しく華やかなので、チェコという国の美的感覚の結晶が観たいなら聖ヴィート教会の中を訪問してみましょう。

また、写真を撮影しにプラハ城を訪問するのであれば、上記の聖ヴィート教会の他に「ヴルタヴァ川」という川もぜひともチェックしてみてください。

このヴルタヴァ川という川は世界遺産であるプラハ城の袂を静穏に流れている川なのですが、この川の辺りからプラハ城を眺めるとまた違った姿を見つけることができます。

プラハ歴史地区で最も美しい場所であるプラハ城が最も美しい角度で撮影できるポイントかもしれないので、写真の趣味のある方はぜひ川の辺りまで移動してみましょう。

また、この川の上にはヨーロッパで最古の橋だとされているカレル橋が架かっており、橋の上にはジャズを弾くストリートミュージシャンの姿があるので、気になる方は聴きに行ってみてください。

なお、様々な歴史を乗り越えた末に今のような美しい姿を取り戻したこの街を、支え続けてきたお城なので、ある程度歴史についての知識を頭に入れておいた方がこのお城の美しさを理解できるかもしれません。

プラハ歴史地区は周辺一帯が世界遺産に認定されているエリアなので、歴史的な建造物は上記の建造物の他にも多数点在しています。

美しい世界遺産があるだけではなく、恐ろしい所や、思わず目を覆いたい所もあり、歴史の光の部分も闇の部分もいっぺんに観ることのできる街です。

チェコの歴史に思い入れのある方はぜひ、かつての面影に思いを馳せながらプラハのこの街を歩いてみましょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国