ポルトガル世界遺産

トマールのキリスト教修道院

ポルトガルのトマールにあるキリスト教修道院。12世紀にテンプル騎士団によって建設が始められ、14世紀のテンプル騎士団はローマ教皇クレメンス5世とフランス王フィリップ4世によって弾圧され、解散を余儀なくされました。テンプル騎士団解散後はキリスト騎士団に引き継がれました。

1160年に建設が開始され、以降16世紀までじつに5世紀にわたって増改築が行われた為、ロマネスク・ゴシック・ムデハル・マヌエル・ルネサンスといった様々な建築様式が混在しています。1983年、世界文化遺産に登録されました。

キリスト教修道院は丘の上に建っています。当初は城塞として建設がされた為、ナパオン川に近い丘の上に位置することになったのです。その城塞の跡にキリスト教修道院が建てられました。キリスト教修道院の外側にはマヌエル様式の精巧な装飾がなされています。

一番の見どころは、テンプル騎士団によって建てられたロマネスク建築の教会堂(円堂)は、外から見ると16角形ですが、内部は8角形の構造をしているのです。教会堂の内部に入ると、壁にはキリストの生涯を描いたゴシック様式の絵画とパネルが、中央部8角形の中には十字架のイエス像・聖者・天使の彫像で飾られています。まさに世界遺産たる所以の美しさです。

次に、エンリケ航海王子によって増築された「墓の回廊」と「沐浴の回廊」を通ります。「墓の回廊」は文字通りお墓で、騎士団に所属する騎士と修道僧のために建設されました。この墓所は、マヌエル様式の建築になっており、ヴァスコダ・ガマの兄弟のディオゴ・ダ・ガマのお墓もあります。「沐浴の回廊」は2階建てとなっており、かつてここで修道僧らが沐浴をしたことから名づけられています。

他に「サンタ・バルバラの回廊」「ジョアン3世の回廊」とあります。サンタ・バルバラの回廊(教会堂の裏手)には、1510年~1513年に造られたマヌエル様式の窓があります。非常に精巧な造りで、鎖・マスト・ロープ等、まさに大航海時代を思わせるものです。ジョアン3世(1521年-1557年)の回廊はルネサンス様式の傑作といわれています。しかし、ジョアン3世の在位中には完成を見ず、完成は1591年のことでした。

また、修道僧の祈りの場・読書の場であった「カラスの回廊」、貧しい人々にパンを分け与えていた「パンの回廊」や旅人・巡礼者の宿泊施設であった場所、水を供給する水道橋などがあります。このキリスト教修道院に数々の人々が訪れていたことを偲ぶことが出来ます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国