イラン世界遺産

ソルターニーイェ

イランの首都・テヘランより北西に約240km離れた場所に、2005年に世界遺産・文化遺産に登録された古代遺跡『ソルターニーイェ』があります。

『ソルターニーイェ』は、いくつかの霊廟や市街地があり、周囲を城壁が囲っています。市街地には、宮殿や病院、マドラサ(イスラム教でいう学校)、バザールなどが建てられました。

14世紀初頭に、モンゴル帝国イルハン朝(フレグ・ウルス)の第8代君主であった≪オルジェイトゥ・ハン≫が現在のイラン・ザンジャーン州東部の町に都を遷都し、『ソルターニーイェ』を建設しました。この町はモンゴル語で「クンクル・ウラン」と呼ばれ、黄褐色の草地という意味を持ち、遊牧民族であるモンゴル人にとっては夏を快適に過ごせる場所でした。

最も『ソルターニーイェ』の遺跡群の中で有名なのが≪オルジェイトゥ廟≫です。この廟はイラン国内やアジアの中でも最大規模の立派なもので、ターコイズブルーのタイルがドーム全体を覆い、遠くからでもよく目立ちます。

大きさは、高さ約50m、直径約38mの二重構造になっており、内部の直径は約25mほどあります。八角形のドームには、8基のミナレットが建てられていますが、ほとんどは半分に折れてしまっています。外装のタイルも、ドーム以外はほとんど全て剥がれおちてしまっていますが、当時の完成形がいかに素晴らしいものだったかを容易に想像させてくれます。

内部は3階建てになっており、天井まで吹き抜けの構造になっています。壁には、偶像崇拝が禁止されているイスラム教ならではの装飾文字(カリグラフィー)で模様のように描かれているところと、植物の模様と幾何学模様で描かれている部分があり、イスラム美術ならではの、左右対称の模様が美しいです。

2階は通路のみで、霊廟内を一周出来るようになっています。  
是非登ってほしいのが3階です。テラスのようになっていて、外を見渡す事が出来ます。そして、この3階の天井にあるアラベスク(植物模様&幾何学模様)が最も有名です。外壁のドームが青いタイルなのに対し、ここでは赤色をベースに描かれているのが特徴で、見事です。一周すると、ほとんど全てが違う模様なのも楽しめるポイントです。絵ハガキとして販売されている程で、『ソルターニーイェ』内のお店で購入できるようになっているようです。

世界遺産『ソルターニーイェ』の建築様式は、他国のイスラム教建築にも影響を与えました。有名なのが、カザフスタンの「ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟」や、インドの「タージ・マハル」などです。

現在の遺跡は、そのほとんどが色彩のあったタイルや石灰などが剥がれおちてしまい、焼煉瓦の建物ばかりが残っていますが、ところどころに色が残っており、当時の鮮やかで豪華な街並みを想像することが出来るのも、ここ『ソルターニーイェ』の楽しみの一つといえるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国