イラン世界遺産

エスファハンのイマーム広場

イランにあるカビール砂漠の中にあるオアシス都市・エスファハン。ここにはかつて≪世界の半分がある≫とまで言われるほど豪華絢爛な『エスファハンのイマーム広場』があります。この『エスファハンのイマーム広場』は、1979年に世界遺産に認定されています。

『エスファハンのイマーム広場』は、17世紀にサファーヴァー朝の三代目の王であったシャー・アッバース1世の時に首都になり最盛期を迎えました。砂漠の中にありながら、ザーヤンデルード川の恵みによりオアシスとして昔から交易の中継点でありました。

首都になると、アッバース1世はイスラムの聖典・コーランの天国をモデルに、アダムとイブの暮らした楽園を再現する為『エスファハンのイマーム広場』を建造しました。その広さは、南北約520m、東西約160mで、長方形の形をしています。

イマーム広場は、周囲を2階建てのアーケードで囲まれ、4方に特徴的な建造物が築かれています。その中でも最も有名なのが≪イマーム・モスク≫と呼ばれる大寺院です。

≪イマーム・モスク≫は南側にあり、イスラーム建築を代表する傑作と言われています。青いドームは、アラベスク模様のタイルが施されており、とても繊細でキレイです。モスクの前には、イーワーンの門があり、門をくぐるといきなりモスクではなく中庭があります。

この中庭、実はイマーム広場に対して少しズレているのです。もちろんわざとで、これは≪イマーム・モスク≫をイスラム教の聖地・メッカの方向へ向けるためなのです。

もうひとつ、≪イマーム・モスク≫が「男のモスク」と呼ばれるのに対し、「女のモスク」と呼ばれる≪シェイク・ロトフォラー・モスク≫が東側に建てられています。

このモスクは、≪イマーム・モスク≫が青なのに対し黄色(金色)のアラベスク模様のタイルで装飾されています。当時は王族専用の礼拝堂でした。小寺院ではあるが、彩色が見事で「世界一優美」と言われている程です。

西側には、王族の住まいであった≪アリ・カプ宮殿≫が。しかし、本体の宮殿は戦争で破壊された為に、門のみが残っています。それでも大きく、バルコニーや音楽の間などが設けてあります。
北側には市場(バザール)の門があり、クラフトショップを始め、絨毯、食品(ピスタチオなど)、絵画、宗教用具などを購入できます。

イラン高原の荒涼の地にある為、ほとんど雨は降りません。夏場は最高35度程ですが、冬には氷点下になることも。もし世界遺産『エスファハンのイマーム広場』へ訪れる際は、5月~9月頃が観光しやすい時期かと思います。教科書などにもよく取り上げられている『エスファハンのイマーム広場』、とても美しい街並みを今も残しています。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国