日本世界遺産

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製綱、造船、石炭産業」とは、日本の世界遺産のひとつで、2015年に登録されました。8県(山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、岩手、静岡)11市にまたがる23の構成資産から成り立ちます。複数の連続性のある資産「シリアル・ノミネーション」として国内初の事例となりました。西洋で起きた産業化が非西洋地域である日本に伝わり、約50年間という短期間で初めて成功した例として歴史的な価値が認められました。いくつかを紹介しましょう。

山口県には大板山たたら製鉄遺跡があります。江戸時代中期から幕末にかけて操業していた製鉄所跡です。砂鉄を原料にして、木炭を燃焼させて鉄を生産する日本独自の「たたら吹き」で製鉄を行っていた場所で、山口県で最大級の規模を誇っていました。

周りに炭の原料になる豊富な山林があったため、この地が選ばれました。原料の砂鉄は島根県から船で奈古港から持ち込まれ、生産された鉄は恵美須ヶ鼻造船所で西洋式の造船に用いられました。

また、萩反射炉も世界遺産に登録されています。反射炉とは金属を溶解させる炉のことをいいます。萩反射炉はオランダの技術を取り入れた反射炉で、1856年に操業を始めました。安山岩積みの金属溶鉱炉は高さ約10.5mで、萩藩の軍事力強化のために導入されたと言われています。

現存する反射炉は萩と静岡県韮山の2箇所だけという貴重な遺跡です。韮山反射炉も世界遺産に登録されています。欧米列強に対抗するため1857年に江戸幕府直営で建造されました。海防用の鉄製大砲を鋳造するための炉で、大砲を鋳造した実用炉として唯一現存します。

福岡県には八幡製鐵所があります。1890年代に入ると鉄道の設置や造船の影響から、鉄鋼の需要が急増し、官営の製鉄所を設立することが計画されます。官営八幡製鐵所は1901年に操業を開始し、地域経済や関連産業の発展に大きく貢献しました。

旧本事務所は中央にドームを持つ、イギリスレンガが美しい和洋折衷のモダンな外観です。遠賀川水源地ポンプ室は、鉄鋼生産に必要な工業用水を遠賀川上流から取水し八幡製鐵所に送水する施設で、世界遺産に登録されています。福岡県中間市に1910年に建設され、操業開始時は蒸気ポンプとボイラーが使用されました。動力は電気に変わりましたが、現在も稼働中です。

今回、世界遺産登録された23箇所のうち、8箇所は長崎県内にあります。江戸初期から長崎は通商に利便性の高い港があり、西洋との交易の拠点であったからだと考えられます。

端島炭鉱は世界遺産に登録されていて、端島は軍艦「土佐」に似ていることから軍艦島とも呼ばれます。1870年に石炭の採掘が始まり、良質な石炭を産出する炭鉱でした。

1960年当時の人口は約5200人もいました。1974年に閉山し、現在は無人島になっています。老朽化のために立ち入り禁止となっていましたが、2009年から一部が見学可能になりました。

小菅修船場跡は、長崎港の西岸に位置する日本で初めて蒸気機関を用いた洋式の船舶修理施設で、世界遺産に登録されています。日本の近代造船では最古の遺構が残り、明治初期の造船現場を知る貴重な遺跡として知られています。五代友厚、小松清廉、トーマス・グラバーらにより設立されました。

小菅修船場に関わりの深いグラバー氏は蒸気機関を使った石炭採掘を高島炭鉱などに導入し、日本の近代化に尽力した人物です。グラバーが住んでいた家が、旧グラバー住宅として小菅修船場の近くに残され、世界遺産に登録されています。

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業には、ここで紹介した以外にもたくさんのものがあります。ただ訪れるだけでなく、その場所の歴史、地理、産業などを調べてから見てみると全く違うものに感じたり、意外な発見をすることができるでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国