日本世界遺産

琉球王国のグスク及び関連遺産群

日本はとても「世界遺産」が多い国です。 歴史的建造物が日本の世界遺産になったり自然も世界遺産になる国です。 琉球王国の歴史を感じる事ができる沖縄の「琉球王国のグスク及び関連遺跡群」についてご紹介します。

琉球王国のグスクは日本の沖縄県にあります。
最近では修学旅行に沖縄を訪れる学生も多く、こちらに行かれた方も多いと思われます。

琉球王国のグスク及び関連遺跡群は今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽があります。
特に首里城跡はかつて沖縄が琉球と呼ばれた時代は重要な役割がありました。

琉球王朝のお話をあつかった時代小説は今日でも多くの方に愛されています。
日本の時代劇や映画になることも多く、そのときのロケ地や舞台に琉球王国のグスクが使用されドラマのなかで首里城をみかけることも多いです。
首里城は王家の居城として使用されていました。
歴史ファンの人にとっても魅力的な場所です。

日本にもたくさんのお城がありますが、琉球のお城は日本の本土にあるよく見かける戦国武将が建てたお城とは大きく異なってきます。
琉球ならではの豪華で美しく、華やかなお城は多くの方の興味を引きます。
こうした美しさに琉球らしさを思い浮かべることもできます。

琉球文化は中国の影響を大きく受けています。
歴史的にも宦官制度などがとりいれられていたほどです。
首里城など琉球のグスク及び関連遺跡群も中国の文化の影響を受けています。
構造的にも、中国の紫禁城に似ています。

琉球王国時代は軍事目的よりも政治のための場所とされていたようです。 琉球王国時代は薩摩藩(現在の鹿児島県)の支配下にあった琉球です。
首里城は薩摩藩の接待のために使われることも多く、薩摩藩を接待する為の専用の部屋がありました。
薩摩藩の接待のための部屋は日本式になっているともいわれています。

復元された正殿内部の玉座もあり、当時の王が座っていたことをイメージするのも楽しい見学方法だと思われます。
内部の王座周辺には当時の琉球文化や首里城についての説明のパネルもあるので、ゆっくり歩いて見学されるのがおすすめです。

首里城は政治の拠点であるとともに聖域でもありました。
琉球には聞得大君などの神女もいたのです。
沖縄は日本で唯一の熱帯地帯です。
いつでも観光が楽しめるので多くの日本や海外観光客を見かけます。
最近では沖縄の日本世界遺産を楽しむツアーも格安であるので、今後も琉球王国のグスクは多くの方が訪れると思われます。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国