日本世界遺産

紀伊山地の霊場と参詣道

日本国内には12の世界遺産と4の世界自然遺産があります。
その中で2004年7月に国内10番目の世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は国内では唯一の和歌山県、奈良県、三重県の3県にまたがる世界遺産です。

こちらは吉野・大峰、熊野三山、高野山の3つの霊場とその参詣道である熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道を登録したものですが、その一部は吉野熊野国立公園、高野龍神国定公園に含まれるため、自然豊かなで山林も多く、景観がとても美しいのです。

通常、「紀伊山地の霊場と参詣道」の旅といえば、平安の世から続く熊野三社といわれる熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の熊野巡りや、開基1200年の真言密教の聖地で弘法大師信仰の本山高野山金剛峯寺、開基1400年を超える吉野金峯山寺などが有名です。
ただこれらの著名な地は、全てのガイドブックに必ず記されているので、ちょっと違う視点から「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録している歴史的施設や自然景勝をご紹介しましょう。

ご存知のように熊野三山はその創建を紀元前といわれ、古事記や日本書紀にも記される古い宮です。
神武天皇が高千穂より東征するにあたり、当初大阪難波から上陸したものの、大和の豪族ナガスネビコに破れ、紀伊半島を迂回して新宮より上陸し、熊野川沿いを熊野の山々を超え、吉野の山々を超えて吉野川上流にたどり着き、大和を制圧したというお話です。

その際、神武天皇は天照大神の使いとしてもたらされた八咫烏(やたがらす)の導きにて大和にたどり着いたといわれています。
八咫烏とは3本の足を持つ神話上のカラスのことですが、日本サッカー協会のシンボルマークといえばご存知の方も多いことでしょう。
熊野三山もこのやたがらすをシンボルマークにしています。

神武天皇とは初代天皇で、生祥は怪しいものですが、とりあえず紀元前8世紀から6世紀にかけての天皇ということになっています。
日本書紀では天照大神から数えること5代目の神の子ということになっています。
なので熊野三山がこの世界遺産の中では最も古いものと思いがちですが、実はここには日本最古の神社が含まれています。

それが、三重県の熊野灘に面した七里御浜にある花の窟神社です。
あまり知られてはいませんが、元々は天照大神の母伊弉冊尊の墓所で、明治になってから神社格に変更されたものですが、日本古来といわれる鳥居と社殿を基本とした神宮や神社とちがい、伊弉冊尊を葬った山そのものが神社という、日本ではまず見ない形式の神社です。

これは日本神社といっても国内の殆どの神社は、源氏など生き死に人を神に祭り上げて神社や宮としたものが多いですが、花の窟神社は、日本の仏教的要素も隣国支那的要素も一切持たない誠の日本古来の神社、正真正銘の神を祀った神社といってもよいでしょう。
花の窟神社はこの世界遺産の中でも最も僻地にあるため、訪れる人も希なとても穴場的な遺跡です。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国