日本世界遺産

厳島神社

♪宮島さんの神主が おみくじ引いて申すには 今日もカープは 勝ち勝ち勝ち勝ち♪
この歌を聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。『カープ』とあるとおり、広島カープが点数を入れたときに歌う応援歌です。この歌詞を二度繰り返し、その後、万歳三唱します。

この歌に出てくる宮島とは、厳島(いつくしま)の通称です。『安芸の宮島』ということもあります。松島(宮城)・天橋立(京都)とならんで日本三景のひとつとして数えられる景勝地です。世界遺産に登録されているのは宮島(厳島)だけです。余談ですが、松島については地元の方に教えていただいたのですが、漁業の盛んな土地のため、世界遺産登録をしてしまうと漁業に支障が出てしまい、地元の方の生活が危ぶまれるからあえて登録しないとのことです。

閑話休題。

その厳島の中心が広島県にある厳島神社です。日本の全国に五百はあるという厳島神社の総本山にあたります。厳島神社とは、イツキシマヒメ(市寸島比売命/市杵嶋姫命)をはじめとする、宗像三女神を祀る神社のことです。アマテラスオオミカミとスサノオノミコトが誓約を行った際に、スサノオの剣から生まれた神々が宗像三女神です。イチキシマとは斎き島、つまり神の島という意味です。厳島はイチキシマの音が変化したものなのです。ちなみに残りの二柱の女神は、タギリビメ(多紀理毘売命/田心姫命)とタギツヒメ(多岐都比売命/湍津姫)といいます。
海に建つ朱色の大鳥居は、台風中継などでよく映るため皆さんご存知でしょう。しょっちゅう倒壊の憂き目にあうこの大鳥居ですが、そのたびに修繕が行われています。直すことを前提として造られているのです。

ちなみに、この大鳥居は高さが16メートルにもおよび、奈良県春日大社・福井県気比神宮の大鳥居と並んで、日本三大鳥居の一つとされています。平舞台も、大阪府四天王寺・住吉大社の石舞台と並んで、日本三舞台の一つと言われています。さらには、イチキシマヒメは神仏習合で弁才天と習合して大願寺となり、神奈川県江島神社・滋賀県都久夫須麻神社と並んで、日本三弁天の一つとされています。このように、なにかと『日本三大○○』に縁がある日本の遺産なのです。

少し話はそれますが、「三」というのは日本の古来より特別な数字とされてきました。一とは自分のこと、ニとは相手のこと、そして三は自分と相手以外の誰かをさしています。つまり、三があることによって、自分と相手以外の「世界」というものが確立するのです。ことわざなどに三という数字が入るものが多い由縁もそのあたりにあるようです。

厳島神社の大鳥居がにほんで非常に大きく荘厳なのは、三柱の女神を海上守護神とみなしたからです。今年(2012年)放映されている大河ドラマ『平清盛』の主役・平清盛も、平氏一門とともに、後白河法皇の参詣(行幸)につき従っています。そもそも、平清盛が安芸守に任ぜられたときに、瀬戸内海の平定について考えていた彼が、厳島神社を海上守護のための神社としたのです。
平清盛以外にも大勢の有名な武将たちが厳島神社に関わっています。鹿苑寺金閣を建立した足利義満も参詣しました。

また、安芸を含む山陰・山陽の広い地域を支配した毛利元就が大規模な造営を行いました。それ以降毛利氏および広島藩主浅野氏の庇護のもと、瀬戸内海の代謝として栄えました。豊臣秀吉も参詣した記録が残っています。毛利輝元が四座舞楽を寄進したのが慶長5年(1600年)のことです。

この頃には厳島神社を中心に門前町が発展し、春・夏・秋と、年に三回宮島市が開催され、羅紗や虎皮などが売られました。

また厳島神社には多数の美術工芸品が遺されているが、もっとも有名なのは『平家納経』でしょう。法華経三十巻分の経を一人一巻ずつ分担して写経し、そこに般若心経と阿弥陀経、平清盛自身の願文一巻を加えて三十三巻としたものです。すべては金銀荘雲竜文銅製経箱に納められ、装飾には工夫され洗練された技巧が余すところなく使われています。表紙・見返し・金具・紐・軸などすべての部位が同じ装飾を使っていないのです。特に華麗なのが見返しの絵で、大和絵や蓮池図、女性像に雲上化仏、仏具、金泥書きの梵字など非常に豪奢な仕上がりです。これらは当時の仏教絵画および大和絵風俗画の資料としても大変貴重なものです。これは当然のように国宝指定をうけています。レプリカなら厳島神社宝物館で見ることができます。

平家納経を奉納したのは平清盛が四十七歳のときで、権中納言になっていました。その三年後には太政大臣にまでのぼりつめており、権力の絶頂期にあたります。そのような気概を持って作られたものなのです。
厳島詣とは、この厳島神社への参詣のことをさします。戦国時代ごろまでは、海路守護神として海賊や漁師、商人などが参詣しました。江戸時代に入って以降さらに発展し、四国のお遍路より流行ったため、門前町がにぎわって遊郭ができたほどでした。

一度は参詣してみたいですね。2012年は『平清盛』が放映されていますし、多くの方が参詣されて、日本の広島県は多くの人で賑わうでしょう。

国でさがす
イタリア
スペイン
中国
フランス
ドイツ
メキシコ
イギリス
インド
ロシア
アメリカ
オーストラリア
ブラジル
ギリシャ
日本
カナダ
スウェーデン
イラン
ポルトガル
ポーランド
チェコ
ベルギー
トルコ
オーストリア
ペルー
スイス
韓国
オランダ
ブルガリア
エチオピア
キューバ
アルゼンチン
クロアチア
ノルウェー
フィンランド
ルーマニア
ハンガリー
チュニジア
南アフリカ
モロッコ
スリランカ
アルジェリア
エジプト
タンザニア
インドネシア
ベトナム
コロンビア
オセアニア
南米
中米
西・中央アジア
東南アジア
中東諸国
アフリカ
旧ユーゴ
バルト三国
旧ソ連地域
中央ヨーロッパ
北欧
知られざる小国